iPhone/iPad用電子書籍リーダー「SideBooks」がかなり気に入ったよ!

プロブロガー本の電子版手に入れたというのは先日記事に書いたとおりなのですが。

iPhoneで閲覧するのにDropBox使ってたんですが、これがまぁ使いにくい。購入したデータはPDFだったのですが、DropBoxでは中身の閲覧こそ出来るものの目次ジャンプも出来なければしおり挟むことも出来ないのです。フリックのみで百何十ページも移動するのは骨が折れますよ…

電子版手に入れていつでも見たいところを参照できるようにしとくのが一番!なんて言ったのにこれでは価値が半減だ…そんなわけで使いやすい電子書籍リーダー探してて見つけたのがこれ、「SideBooks」です。

スポンサーリンク

スムーズ閲覧・ページジャンプでストレスなし

App Storeのダウンロードページは以下から。

SideBooks

SideBooksは無料のアプリですが、私が使用した限り動作も大変スムーズな上、ページ移動も目次からのジャンプだけでなくスライダーでの操作も出来て大変便利です。

DropBox連携も対応しているので、データをDropBoxにおいといて必要なときにすぐダウンロードできるってのもありがたい機能です。

会社の営業に使うパンフやレジュメをPDF化しDropBoxで共有して、各営業員が出先でお客さんに見せる、なんて使い方も出来るんじゃないでしょうか。

さて実際の使用画面。サンプルはもちろん「必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意 」です。

表示は縦横どちら向きでもOK。もちろんロックして固定も出来ます。

画面をタップすると操作メニューが出てきます。上部中央のツールバーは左から順に検索表示、ファイルメニュー(印刷やメール送信、他appへのデータ渡し)、ページ数、目次表示、しおり機能となっています。

目次表示してジャンプも出来ますし、下のスライダーをスワイプすることでページの移動も出来ます。これがまたサクサク表示されて全然ストレスがないんだなぁ。

それだけできれば私としては十分なのですが、設定画面で細々としたこともいじれちゃいます。以下開発元の紹介ページから機能を引用しておきます。

全般

  • 明るさ調整機能
  • デバイスの向きに合わせた画面回転機能
  • 画面回転ロック機能
  • パスワードによる起動ロック機能
  • iOS4マルチタスク対応
  • Retina Display対応

ビューア

  • PDF,ZIP,CBZ,RAR,CBR形式のファイルに対応
  • ページ送り:スライド / カール から選択
  • 閲覧方向:右開き / 左開き / 縦開き から選択
  • ページ間隔:広い / 狭い / なし から選択
  • 見開き:表紙の有無設定による見開きペアの選択
  • 前後ページのキャッシュ先読み機能
  • 書籍毎に表示設定や最後に読んだページ番号を記憶
  • テキスト検索機能(一覧表示型)
  • 目次機能(階層型にも対応)
  • しおり機能(編集可能メモ付)
  • 他のアプリへ送る(Open-In)
  • メールで送る
  • 印刷機能(Air Print)
  • ページ内リンク機能
  • 外部URLリンク機能(内蔵ブラウザ / Safari / 印刷)
  • リンクボタンの表示 / 非表示
  • タップ、スワイプによるページ送り機能
  • ピンチ、ダブルタップによる拡大縮小機能(1?1024倍zoom)
  • パスワードが設定された暗号化PDFファイルの閲覧
  • 読書時ステータスバーの表示 / 非表示

本棚

  • 表紙画像サムネイル表示機能
  • 編集機能:フォルダ作成、移動、削除、リネーム
  • フォルダ内の書籍の表示設定を一括設定する機能
  • Dropboxによるネットワーク転送
  • iTuneによるUSB転送
  • 他のアプリから直接転送

ちなみに本棚表示はグラフィカルなものではなくテキストによるリスト表示ももちろん可能です。

電子書籍リーダーって有料だと結構いい値段したりするみたいですけど、PDFメインで使うんならこれで十分な機能を果たすんじゃないでしょうか。

というわけで、さらに高機能なものは有料で他にもあると思いますが、電子書籍リーダー未導入の方はまずはこれを一度お試ししてみることを薦めます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク