新入社員に送る、仕事が出来るようになるために理解すべき44の「違い」

年度もかわって1週間経ち、新入社員も皆さんも多少は新たな環境に慣れてきたとこでしょうか。この週末は歓迎会で潰されてすっかりグロッキーの人もいるかもしれませんね。

それはさておき、私が「この人は仕事が出来るなぁ」と感じる人はたいてい、似てるようで異なるものの違いをしっかり把握しています。

今回はそんな似ているあれとこれ、セットでいくつか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

こんな違いがわかりますか?

ここに上げるあくまでサジェスチョンですので、この違いを知らないと絶対にダメだ、とかそういうことではありませんので、念のため。ただ知っている人と知らない人には確実に差が出来ると思います。それでは。

  1. 仕事量と作業量
  2. 効率化と手抜き
  3. 丁寧と時間をかける
  4. 早い処理と雑な処理
  5. 頭が良いと手際が良い
  6. 意見と感情
  7. 個性と個人主義
  8. 自己実現とわがまま
  9. 素直と盲目的従属
  10. 自律と自分勝手
  11. 信頼と責任放棄
  12. 努力と根性
  13. 出来るとやる
  14. 出来ないとやりたくない
  15. 使うと使える
  16. 向上心と出世意欲
  17. チームワークと全体主義
  18. クライアントとエンドユーザー
  19. コミュニケーションと仲間意識
  20. 明るい人とおしゃべりな人
  21. 寡黙な人と暗い人
  22. 打ち合わせと雑談
  23. 同僚と友人
  24. 挨拶と愛想
  25. 叱ると怒る
  26. 質問と詰問
  27. 確認と依存
  28. 整理と整列
  29. 記録と記憶
  30. 技術と技能
  31. 目的と目標
  32. 時間と時刻
  33. 余裕と手待ち
  34. 売上と利益
  35. 人件費と給与
  36. 約束と契約
  37. 反省と謝罪
  38. タイミングと運
  39. 集中と熱中
  40. 知恵と知識
  41. 観察と観測
  42. 統計と分析
  43. WordとExcel
  44. 馬と鹿

特にここでは私から解説はしません。まぁ説明するまでもなく明らかのものもありますね。

何がどう違うのか、それぞれじっくり考えてみてください。仕事で悩んだら時々思い出して瞑想してみるのもいいでしょう。

ちなみに最後の2つはネタではありません。わりと真剣に書いてます。

違いがわかっているようでわかっていない人も意外に多いのですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク