神のごとき指使いで人を魅了する動画3本/FFⅤ編

いわゆるアマチュア演奏家の方が「○○の曲弾いてみました」みたいな動画は探すと結構あるのですが、その中でも見て・聞いていてうっとりしてしまうような神のごとき演奏を紹介します。せっかくなので同じ曲で聞き比べしてみましょう。今回はゲーム「ファイナルファンタジーⅤ」の「ビッグブリッジの死闘」という曲を軸に拾い集めてみました。

スポンサーリンク

まずは原曲、SFC版FFⅤビッグブリッジの死闘

原曲知らない方もいると思うので神演奏の前に原曲をどうぞ。こんな感じの曲です。

いかがでしょう。曲冒頭の音階が広い範囲で、しかもすばやく変化するところ、これを実際に楽器で演奏するとなるとかなり大変そうなのが想像つきますよね?

KURIKINTON FOX Clash on the Big Bridge

まずはギターバージョン。栗きんとん狐さんはほかにもギター演奏ムービーたくさんアップしてて「弾いてみた」系では有名な方なのでご覧になった方も多いかもしれません。それにしても見事ですね。もたつくことも走ることもなくまるでギターが身体の一部のよう。こんなに自由に演奏できたら楽しいんだろうなぁ、と思っちゃいます。

FF5より『ビッグブリッヂの死闘』を本気で弾いてみた

続いてピアノ版です。なめらかで柔らかい指使いがもう神としか言いようがないです。ソロ演奏のため和音を駆使し、10本の指を余すことなく使いきってます。私も幼い頃ピアノ習ってました(当時は嫌いで嫌いで全然上手くならなかった)がかなり練習してもこんな感じで弾けるようになる気は全然しませんねぇ。素晴しい。

ビッグブリッヂの死闘を箏で(Clash on the Big Bridge play on koto)

そして最後はなかなかお目にかかれない箏(こと)での演奏。それだけでも一見の価値がありますが、原曲の再現性はかなり高いです。こちらはメロディ担当とベースライン兼リズム担当の方2名で演奏されているようです。画面に映ってらっしゃる方がメロディ担当ですね。弾く人が弾けば和楽器でゲームミュージック弾いてもさまになるもんですねぇ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク