朝ジョギングを楽しむためにiPhoneアプリ『runtastic』をインストールしてみました

ようやく北海道の道路も雪が融けて外も随分歩きやすくなりました。

我が家も冬の間サボっていた朝のジョギングを再開、娘と私とで2,3日前から一緒に走ってます。

昨シーズンは健康のために…という感じで淡々と走ってたのですが、今年は娘がマラソン大会で○○位以内に入るという目標を(珍しく自発的に!)立てたみたいなので少し時間も考えながら走ることに。

せっかくiPhoneを手に入れたのでなんか面白いジョギング用アプリないかな、と探してみたらこんなのが見つかりました。これがなかなかいい感じです。

スポンサーリンク

GPSでルートトラッキングも

今回インストールしてみたのはこちら、『runtastic』ってiPhoneアプリ。

runtastic iPhone 用

runtastic

runtastic は行うスポーツの種類に関係なく、あなたのフィットネスをサポートします。アプリを利用することで、距離や時間、速度や消費カロリーなどが確認できます。runtastic を使えば、自分の成果が明確に分かり、より目標達成に近づくことができるのです。

ダウンロードサイトの説明より。

このアプリはiPhoneだけじゃなくてAndroid版やWindows Phone版もあるようなのでスマホユーザーならほぼ誰でも利用できそう。無料ですしね。

実際の使用画面はこんな感じ。アプリ起動してスタートボタンをタップするとアクティビティのメニューが出ます。なんだかいっぱいあるんだなぁ。

とりあえず私はジョギング用に使うので一番上のランニングを選択。

するとカウントダウンが始まります。

カウントダウン終了から計測開始です。画面をタップすればカウントダウンを省略して即計測開始も出来ますよ。

スタートすると経過時間・移動距離・瞬時速度・総距離の平均速度が表示されます。目標設定して走る人にとってはこれはちょっと楽しい。

あと画面の下半分にマップが表示されて実際に走ったルートがトラッキングされます。

こういうのは娘にとっては面白いかも。「今日はここ通って○○mだったから、来週からちょっと距離伸ばして××まで行ってみようか!」って感じで気分が乗りそうです。

で、ジョギングが終わったら画面下の「スライドして停止」をスワイプして計測終了です。そのままデータ破棄して終了も出来ますし、履歴としてデータを保存しておくことも出来ますよ。

保存したデータはこんな風にあとから見返すことが出来ます。

計測中に表示してた速度はもちろん、高低差や消費カロリーのデータまで記録されるのね。すごーい。

画面を左右にスワイプすると他のデータも見れます。これはルートトラッキングですね。

こちらは速度と高低差をグラフ化したもの。画面下半分には1kmごとのスプリットや平均速度なんかも出ます。この日は1kmしか走ってないので1行しかデータないですけどね。

別売りの心拍数モニターを使えば心拍の記録も残せるみたいです。

楽しく走ろう

毎日走るのがただの苦行になっちゃしょうがないので、こういったアプリでモチベーション上げることが出来るのはなかなかいいんじゃないでしょうか。

私は娘と2人なんで音楽は聞きませんが、一人ジョギングならアプリで計測しつつ好きな曲を聞きながら、なんていうのも楽しいでしょう。

ってなことを書こうと思ってたらわかったブログのかんきちさんがジョギングを怪我をせずに「無理なく」始めるための知識って記事をちょうど今朝アップしてました。

運動をするとセニトロンと呼ばれる、幸福ホルモンが分泌されます。運動して汗をかいた後は、清々しい気持ちになります。適度な疲れで、夜もぐっすり眠れます。適度な運動はストレス解消には最適です。

うーん、やっぱり体動かすのはいいことですね。私も毎日無理しない程度に楽しんでいきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク