この支配からの卒業式の日に盗んだバイクの上からアイラブユー!

今でも尾崎豊って人気なんでしょうか?リアルタイム世代ですけど私は正直、亡くなってから尾崎豊を知ったもので。

スポンサーリンク

中日春秋:2011年10月22日版

 四万人近いファンが葬儀に参列したカリスマの死から、もう十九年になる。若者の孤独と怒りを歌い、人気絶頂の中、二十六歳で急死した歌手尾崎豊さんを追悼する「尾崎ハウス」(東京都足立区)が、取り壊されたという記事を感慨深く読んだ

▼十代の「代弁者」といわれた尾崎さんだが、最近の若い世代には通じないらしい。ゼミで尾崎さんの歌詞を一緒に読んだ私大の教授は、失笑する学生ばかりだったことに驚いていた

▼十年近く前、精神科医の香山リカさんが学生に調査した内容を思い出す。「何を怒っているのか分からない」「ひとりよがりで不愉快」などと否定的な意見が多く、尾崎さんの歌詞に共感できるという学生は百人のうち二人だけだったという(『ぷちナショナリズム症候群』)

▼中東のリビアではカダフィ大佐の死亡が確認され、四十二年に及ぶ独裁体制は完全に消滅したが、チュニジア、エジプトと続いた民衆革命の原動力は、ツイッターなど新しいメディアを使いこなす若者だった

▼日本でも、震災ボランティアや脱原発デモの中心に若者がいた。ストレートに感情を込める歌を暑苦しく感じても、政治や社会への関心が薄れたわけではないはずだ

▼尾崎さんが叫んだ時代より、格差社会化は進み閉塞(へいそく)感が強まっている。それを打ち破る主役は青年以外にはない。格好のお手本は海外にある。

元記事はコチラ

20年前といえばゴロドクさんも10代でしたが、尾崎豊を10代の代弁者だと思ったことは一度もないですよー。

もっとも尾崎豊の楽曲に使われた歌詞は尾崎自身の感情や信条を反映したものではなくプロデュースする側の誘導がメインで尾崎もそのキャラクターを演じていたなんて話も聞いたような聞かないような。つまりアレですね、あくまで商業的な商品であるということで…あ痛たた、ファンの方石投げないでください。

ちなみに2ちゃんねる的反応はこんな感じです。

痛いニュース(ノ∀`) : 今の若者は尾崎豊に全く共感しないらしい 「独りよがりで意味不明」「何に怒っているかわからない」

7と8が全てをあらわしてると思いますです、はい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク