iGoogleもなくなっちゃうのか、残念

新製品が発表される一方で古いものは淘汰される、Googleにおいても同じことは起こっています。当たり前っちゃ当たり前ですけど気に入ってたサービスなくなると不便と言うか寂しいと言うか。

スポンサーリンク

サービス刷新、統合の方向へ向う?

そんなわけでGoogleから廃止予定サービスが発表されました。

グーグル、廃止予定サービスを新たに発表–「iGoogle」や「Google Mini」が対象に

I/Oカンファレンスが終了してからまだ数日しか経っていないが、Googleは既に行動を開始し、古い製品を次々と廃止し始めている。

カリフォルニア州マウンテンビューを拠点とするGoogleは米国時間7月3日、廃止予定製品を新たに発表したが、そのなかには馴染みのある製品もいくつか含まれている。

ウィジェットボード「iGoogle」もその1つである。2008年当時はかなり理にかなっていた同プラットフォームだが、「Chrome」および「Android」上でブラウザにアプリケーションを追加できることを考えると、既にかなり時代遅れになっているように思われる。「Google+」ページを設定することによっても、同様のニュースや更新のアクティビティの多くが実行できることは言うまでもない。

しかし、iGoogleのユーザーは、2013年11月1日まではまだ同製品を使用することができる。

(以下略)

元記事はコチラ

Picasaをはじめいくつかのサービスが廃止予定に入っておりまして、その辺は元記事参照ください。

私の自宅のChromeではホームにiGoogleを設定しています。iGoogleってのはGoogle検索ページの下に好みのウィジェットをペタペタ貼ってカスタマイズできるサービスです。

ウィジェットは天気予報やらニュースヘッドライン、交通情報みたいなものがあったりします。

私は2chコピペブログのヘッドライン、ニュース、検索トレンド、Googleリーダーなんかを貼り付けまして、ブログのネタ探しに活用しておりました。

ネタ探しもネタ元が膨大になると全部に目が通せないので、ウィジェットを斜め読みして気になるものをピックアップしてたんですが…

こういったものがなくなっちゃうとちょっと不便なんですが今回のiGoogle廃止でそういった機能が全くなくなるかというと、そうじゃなくてGoogle+なりドライブなりに統合されていくんじゃないかなぁという予想なんですが、どんなもんでしょう。

ま今回はあくまで廃止の話だけであって実際にどれくらい統合が進むのかはわかりませんが、Googleアカウント1つで個人にカスタマイズされたサービスなり情報にたどり着けるってのはちょっと怖いですよね。だってパスワード抜かれたら個人情報丸裸ですもんね…

iOS版Chromeの記事でもチラッと書きましたがスパイや諜報活動なんてのも言い方は大げさですが現実的な脅威であることに間違いはないと思います。

パスワード記憶させたモバイルデバイス盗まれたり、パスワード入力中を盗み見されることだってありえるでしょ?

技術が進むとコンピューターウィルスやスパイウェアばかりに気を取られがちですが、もっと原始的でアナログな手法の盗みにも気をつけないといけないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク