21世紀の日本を生きていくために知っておきたい21×2ワードの「違い」

未だに自宅玄関の施錠が右回しか左回しか覚えられないゴロドクです、どうも。

2つのものごとの違いをはっきり理解してないと困ることはよくあることですが、似ていて紛らわしいものや感覚的には明らかに違うのに言葉ではうまく説明できないことなんてのもありますよね。

今回はそういった「分かっていそうで分かっていない2つのものごとの違い」について白黒ハッキリ定義していこうと思います。

スポンサーリンク

「偉い」と「違い」はエライちがい

ではさっそく。

1.公正と公平

  • ジャッジの平等が「公正」
  • 結果の平等が「公平」

2.民主主義と資本主義

  • 票を握っている奴が勝つのが「民主主義」
  • 金を握っている奴が勝つのが「資本主義」

3.自由民主党と民主党

  • 自由でも民主的でもないのが「自由民主党」
  • 大して変わらないのになぜか一部外国人だけが自由になっちゃうのが「民主党」

4.原発と原爆

  • 爆発するのが「原発」
  • 大爆発するのが「原爆」

5.節電と停電

  • 自ら電力会社に屈服するのが「節電」
  • 全滅まで戦い続けるのが「停電」

6.社会人と会社人

  • 常識に従って行動するのが「社会人」
  • 上司に従って行動するのが「会社人」

7.エスプレッソとカプチーノ

  • 胃にガツンとくるのが「エスプレッソ」
  • 「お前、白ヒゲ生えてるよ」ってガツンと揶揄されるのが「カプチーノ」

8.キリスト教とイスラム教

  • 隣人を愛するのが「キリスト教」
  • 沢山の妻を愛するのが「イスラム教」

9.ユダヤ教とキリスト教

  • 世界を牛耳っているのが「ユダヤ教」
  • 世界を牛耳っている奴を牛耳っているのが「キリスト教」

10.イスラム教とユダヤ教

  • 割礼してるのが「イスラム教」
  • もっと昔から割礼してるのが「ユダヤ教」

11.ツイッターとフェイスブック

  • ソーシャル廃人丸出しなのが「ツイッター」
  • ソーシャル廃人でも仮面を被るのが「フェイスブック」

12.ふぁぼといいね!

  • 気に入ったら反射的に押すのが「ふぁぼ」
  • 気に入らなくても反射的に押すのが「いいね!」

13.恋愛と結婚

  • 金がものを言うのが「恋愛」
  • 金しかものを言わないのが「結婚」

14.インターネットとウェブ

  • 線が「インターネット」
  • 点が「ウェブ」

15.HTMLとCSS

  • 体が「HTML」
  • 魂が「CSS」

16.九州と北海道

  • 何言ってるのかわからないのが「九州」
  • 何言ってるのかわかるけど何考えてるのかわからないのが「北海道」

17.油断と隙

  • ガス欠が「油断」
  • 燃料入れようと思ったら財布スカスカなのが「隙」

18.マックとウィンドウズ

  • 100円が「マック」
  • 100円(※ただし当社指定ブロードバンド加入が条件)が「ウィンドウズ」

19.岸部露伴と荒木飛呂彦

  • スタンド使いが「岸部露伴」
  • 波紋使いが「荒木飛呂彦」

20.KARAと少女時代

  • どうでもいいのが「KARA」
  • もっとどうでもいいのが「少女時代」
  • もっともどうでもいいのが「チャン・グンソク」

21.20世紀と21世紀

  • ゴロドクが生まれたのが「20世紀」
  • ゴロドクが死ぬのが「21世紀」
  • 「Gorodoku」が「Google」にとってかわっているのが「22世紀」
  • 「ゴロドク」が「トイレットペーパーの芯を薄く裂いてお尻を拭く」とかいう意味の言葉になっているのが「56世紀」

それにしても暑いです。コカ・コーラとペプシ・コーラの違いはどうでも良いので誰かコーラ奢ってください。じゃ、また。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク