熱中症予防のTIPS

朝の通勤のラジオで小耳に挟んだ話。何となく納得しました。

スポンサーリンク

冷たいものばかりじゃダメな理由

熱中症予防には体温よりちょっと高めの温度の食事を摂るといいそうです。暖かいか、ちょっとぬるいくらい。

と言うのは、人間の血液は安静~激しくない運動時、内臓付近に集まるそうです。

温度が高めの食事を摂ると、胃や腸周辺の血液が温められ、それが全身を循環することによって発汗作用が促され、体表の温度が下がりやすくなるのだそうです。

ですから、暑いからと言って冷たい飲み物ばかり摂るのは逆効果、キンキンに冷やしたビールをこれまた冷え冷えにしたジョッキで飲むのはもってのほかなんです。飲んだ瞬間の清涼感はあるんですけね。

摂るといいものの代表はお味噌汁だそうで。今言った血液温度の上昇のほか、発酵食品で胃腸に良いこと、具で野菜(繊維質)も摂取できますからね。

また、どうしても熱いものがダメなときはお蕎麦もオススメだそうです。ザルで冷たいのでも、最後に汁を蕎麦湯で割って飲むと効果あるそうです。

ちなみに、いわゆる「現場の人」があれだけ体動かしても暑さに比較的強いのは動くことで血液の温度が下がりにくくしっかり汗をかくから。人間の体温はだいたい36.5℃くらいですがやっぱりエアコンの効いたところで座りっぱなしの仕事だと一時的に35℃台まで下がっちゃうんですって。

なので事務仕事の人も時々体ほぐしがてら軽く体操などをして汗をかき、冷やしてないお水や麦茶で水分補給するといいんですよ。

汗をかくと気持ちの悪い感じがしますが、やっぱり人間に本来備わっている体温調節機能って大事なんですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク