Googleモバイルの手書き入力がどれくらい気持ち良いのか試してみた

3日ほど前に気付いたんですがモバイル版Google(といっても普通にGoogleトップだけど)で手書き入力が出来るようになってたんですよ。

ロケットニュースの過去ログ見たら2012年7月末の時点ですでに出来るようになってたようで。もう3週間以上も前じゃん。気付くの遅っ。

でもツイのTLでも見かけないし購読してるブログでも見かけないので一応どんな感じかゴロドクさんがレビュっておきますよ。

スポンサーリンク

実際に使ってみましょう

一応2012年7月27日付けで使えるようになってたんですけどね。

モバイル版Googleで手書き入力が可能になったよ!

2012年7月27日

米Googleは2012年7月27日より、モバイル版のホームページで「手書き入力」による検索を開始した。日本を含む27カ国で利用が可能となっている。設定方法は次の通りだ。

■モバイル版Google、手書き入力の設定方法
1.Googleホームページにアクセス
2.ページ下の「設定」をタップ
3.ページ中央の「手書き入力」を有効にして保存する

以上である。設定が完了するとGoogleホームページを表示した際に、右下に「g」があらわれるので、これを有効にして画面上に文字を書くことが可能になる。対応OSは、iOS5以降・Android2.3以降。Androidタブレットは4.0以降となっている。

編集部でiPhone4S・iPod Touch(第四世代)・HTC EVO3D(Android)での利用をためしてみたのだが、iPod Touchの場合「Safari」では思うように利用できなかった。そのほかの端末ではスムーズに利用することが可能であった。ちなみに手書き入力する際は、一文字ずつ入れた方がより良く認識するようである。興味のある方はためしてみてはいかがだろうか。

元記事はコチラ

設定らしい設定は別にないです。スマホのブラウザでGoogleトップにアクセスするだけです。

どうやって使うの?

まぁ使い方説明するほどのことでもないんですけど

iPhoneでのキャプチャなんですけど、Gのトップにアクセスするとこんな表示が出ますね。「手書き入力を試そう」をクリックで

すぐにこんな画面に遷移すると思います。これですでに手書き入力の待機状態です。

知らないと「ハァ?」って感じですけど、実際画面の中に指先で字を書くと検索のテキストボックスにちゃんと文字が入力されていくでしょ?

ちなみに画面右下の「g」タップすると手書き入力一次中断になります。再開は同じところを再タップ。

試しに「56DOC」って一文字づつ入力したら予測変換も利いてました。

どれくらいの精度で文字認識するの?

画数の多い漢字なんか入力するとちゃんと認識してくれるんでしょうか。試しに

こんなの入力してみたら

ちゃんと認識されました。そして手書きのときに右側の横線が1本足りなかったことにも気付きましたww

連続で文字入力し続けたらどうなるの?

あと必ずしも1文字づつじゃないと認識しないのか、ということでこんな実験も。

ゴロドク何書いてんだとか言われそうごめんなさい、とっさに浮かんだのがこの単語だったので。

識別しに行ったぞ…どうなる?

ハイ、出たよ!うんち出たよ!気持ち良いね!スッキリ!

でもちゃんと候補上位に「運賃」出してくるあたりゴゴル先生はさすがに上品ですね。ゴゴルとゴロドク似てるのにね。

感想

あれこれ説明するまでもなく「これ良いわー」という感じです。レスポンスが改善されればもっと良いかも(といっても現段階で使い物にならないほど遅いわけではない)。

どこが良いのかっていうと、漢字書いたらそのまま認識してくれることね。精度の問題はあるとは思うけどテンキーフリック→変換より入力ラクなのかな、と思ったり。

こういうことが普通に出来ちゃうGoogleさんなのですが、これ一般化してテキストエディターとかに応用できんもんかなぁ、と。

こないだiPhoneから1,2記事書いてみたんですけどやっぱりちょっと入力でストレス感じますよね。

そんなわけで手書き入力がAPIで利用できるようになってtextforceあたりで採用してくれてスマホからでもDropBoxにジャンジャン原稿貯金できるようになる日を切に望みます。じゃ、また。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク