ウェブ制作業界に朗報?…といっていいのかどうかわからないけれどIEのシェアは順調に落ちてきています。

ウェブ製作者泣かせな独特のレンダリングバグがあったり、HTML5やCSS3にほぼ未対応であるバージョンがまだまだ現役なInterbetExplorerタンですが、ついにシェアが50%をきりはじめました。

スポンサーリンク

Internet Explorer、シェアが50%を下回る

NetApplications公表した最新のブラウザ利用統計によれば、2011年10月のブラウザ利用シェア(デスクトップ+モバイル)で Internet Explorer が49.59%となり、50%を下回っていたことがわかった。同ブラウザは Windows 98 が発売された1998年頃にシェアが50%を超え、2004年には95%に到達していた。だがその後、Mozilla Firefox などの登場でシェアは低下。近年ではモバイルデバイスからの Web 利用の増加が同ブラウザのシェア下落に拍車をかけている。

シェア2位は Firefox で21.20%。この数値はここ1年程度安定している。Google Chrome はさらにシェアを伸ばし16.6%に到達した。

モバイルブラウザ市場では、Apple の Safari が62.03%のシェアを獲得し他を圧倒。Android OS 搭載スマートフォンの出荷台数が iOS のそれを大幅に上回っていることを考えると、これは驚異的な数字と言える。Android ブラウザーのシェアは18.16%で2位。Opera Mini は13.09%で3位だった。

2011年10月ブラウザ利用シェア(デスクトップ+モバイル)(出典:NetApplications)

share001.jpg

2011年10月ブラウザ利用シェア(デスクトップ)(出典:NetApplications)

share002.jpg

2011年10月ブラウザ利用シェア(モバイル)(出典:NetApplications)

share003.jpg

元記事はコチラ

シェア50%をきったのはモバイルブラウザも含めてなので元記事のタイトルも若干釣り気味である感は否めませんが、デスクトップだけでみても53%までシェアが落ちているので一時はOS抱き合わせでブラウザ界を席巻したIEもかなり元気がなくなってきていることは間違いありません。

モバイルをみるとシェアトップのSafar、次点のアンドロイドブラウザも19%で両者あわせると80%以上。これらがデスクトップ+モバイル全体のシェアに影響を及ぼすくらいなので、いかにスマートフォンが普及しているかと言うことが見て取れます。逆に制作サイドとしてはウェブのブラウズ環境も単にデスクトップばかりに焦点を当てていれば済む時代ではなくなった、とも言えますね。

それにしてもアンドロイドケータイの出荷台数>>iPhoneの出荷台数にもかかわらずSafariがここまで多いとは…アンドロイドブラウザはモバイル界におけるIE的なアレで皆さん標準ブラウザ使わないんですかね?私はガラケーしかもってないのでよくわかりませんけど。

今回のデータにはバージョン別のシェアまでは書かれていませんが、IE8以下対応のためにコーディングで頭を悩ませず、HTML5+CSS3でコーディングするのが標準になってくる日もそう遠いことではないかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク