宇宙一わかりやすくバニラ風味アイスクリームの作り方を解説しますょ

久しぶりのブログ更新でございます。すっかりサボり癖のついてしまったゴロドクさんです、申し訳ない。

さて今日は宇宙一分かりやすいレシピシリーズで、バニラアイスクリームの作り方です。知ってる人は知ってますがひたすら混ぜるだけという単純労働でござい。

スポンサーリンク

材料

たぶん市販のカップアイス4,5個分の分量になると思います。

  • 生クリーム:200cc
  • 卵:1個
  • 砂糖:50g
  • バニラエッセンス:少々

生クリームはいきおい動物性のものを使いたくなりますが、植物性しかも低脂肪のタイプでも無問題です。味の濃厚さを求めるなら動物性がいいんでしょうけども。

ちなみに植物性の生クリームは1パック130円前後ですし鶏卵も1個単価にすると20円もしないでしょうから、コスパは相当良いはずです。

ホームドラマに出てくる米国人よろしくボール抱えてDVD見ながら食べるのもいいかもしれません。

作り方

今回のに限っては全然詳しい解説いらんなー、と思うぐらい簡単です。簡単すぎて感嘆しそうです。

まずは卵の黄身と白身を別の器に分けておきます。


黄身の方に10gほど砂糖を加えて混ぜておきます。あんまりがっちりやらなくても大丈夫。


続いて白身の方に砂糖20gを加えてます。こちらはややメレンゲ状に泡立つまでしっかり撹拌。


別のボールに生クリームと残りの砂糖20gを入れてホイップになるようしっかり混ぜます。

白身も生クリームもそうですがホットケーキの回で説明したように

  • 撹拌に使うボールは冷水などを汲んでおいてしっかり冷やしておく
  • 材料自体も使う直前まで冷蔵庫に入れておいて冷やしておく

ようにしょう。そうするとホイップするのが短時間で済みますので。

逆に容器も材料も温(ぬる)いと、電動の攪拌機使っても全然泡立たないということもよくありますので。


この生クリームホイップの中に先ほどの卵黄・卵白、それにバニラエッセンスを少々加えてホイップや泡がつぶれない程度に均一に混ぜるます。

一応これだけでバニラ味となるのですが、フルーツ風の味をつけたい時はジャムなんかを好みで混ぜるといいです。混ぜるときは加える前に固まり残らないようあらかじめつぶして練っておくといいです。

ちなみに今回はイチゴのジャムをおおさじ2くらい加えてみました。


あとはバットなどに移して冷蔵庫で2、3時間冷やせば完成です。

まとめ

今年の北海道は4月になってもまだ寒いですが、ぼちぼちアイスの美味しい気候になってほしいところ…と思いましたがよく考えたら道産子は冬でもモリモリアイス食べますな。

冒頭の方にも書きましたがコスパは良いです。ただ保存料なんかは一切入りませんから冷凍庫で保存しても1週間くらいで食べきるようにした方がいいですね。どちらかというと、人が大勢集まりそうなときに作るのに向いてるかもしれません。

なお、「宇宙一わかりやすいレシピ」シリーズでは他に以下のようなスイーツの作り方も記載してますのでよろしければあわせて参考にどうぞ。

宇宙一わかりやすくフレンチトーストの作り方を解説しますょ

宇宙一ふんわり柔らかくホットケーキを焼く方法を解説しますょ

宇宙一わかりやすくチョコスコーンの作り方を解説しますょ

宇宙一わかりやすくマシュマロ・カフェモカの作り方を解説しますょ

宇宙一わかりやすく電子レンジでプリンを作る方法を解説しますょ

宇宙一わかりやすくレアチーズケーキの作り方を解説しますょ

宇宙一わかりやすくアイスボックスクッキーの作り方を解説しますょ

宇宙一わかりやすくクレープの作り方を解説しますょ

んじゃまた。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク