宇宙一わかりやすくフレンチトーストの作り方を解説しますょ

美味しいことは幸せなことだと常々思っているゴロドクです、どうも。

レシピネタ連投で、今回はフレンチトーストの作り方。オークラの高級志向とはまったく逆向きの、お昼に食べたくなるお手軽レシピで行きませう。

スポンサーリンク

材料

1人前の材料です。

  • 食パン:2枚
  • 卵:1個
  • 牛乳:200cc
  • 砂糖:大さじ1

6枚切食パン1パックなら単純にこの三倍、この記事の写真撮影の時も1パック分作ってます。

作り方

まずは浸潤用の卵液を作ります。作るといっても混ぜるだけですが。


卵をボールで割りほぐします。白身が切れるくらいには混ぜておきます。


牛乳と砂糖を卵にくわえて、よく撹拌します。以上で卵液できあがり。


食パンは1枚を4分の一にカット、耳は取り除かずそのまま使います。そして卵液に浸すのですが…

菜箸などでは絶対に押し付けないこと、パンが破れてしまいますので。優しくそっと指で液に浸してあげましょう。

で高級志向レシピだとこのまま○時間つけておいて…という感じなのですが、時間置かないでそのまま焼いても大丈夫ですよ。


ダラダラ垂れない程度に軽く液を切り、フライパンは弱めの中火で、じっくり両面に軽く焦げ目が着くくらい焼きます。

一度にたくさん焼くとフライ返しだとひっくり返しにくいので、大きめのフォークでひっくり返すのがやりやすいですね。

はい完成。パンの量に対して液が結構たっぷりめなので、表面カリッとした感じになっても中はふんわりしっとりで仕上がるんですよ。

まとめ

フレンチトーストはべちゃべちゃになってもイマイチだし、かといって液がしみてなくて中が普通の食パンだと残念な感じになっちゃいますね。なのでやぱりポイントは指で優しく液に浸してあげるところでしょうか。

で火加減さえ間違えなければ外サク中フワな幸せになれるフレンチトーストが出来ちゃいます。

1枚当たり大さじ0.5の砂糖が入ってますが、ものすごい甘々な感じにはならないです。お好みでシナモンシュガーやメープルシロップをかるのもいいですね。

なお、「宇宙一わかりやすいレシピ」シリーズでは他に以下のようなスイーツの作り方も記載してますのでよろしければあわせて参考にどうぞ。

宇宙一わかりやすくバニラ風味アイスクリームの作り方を解説しますょ

宇宙一ふんわり柔らかくホットケーキを焼く方法を解説しますょ

宇宙一わかりやすくチョコスコーンの作り方を解説しますょ

宇宙一わかりやすくマシュマロ・カフェモカの作り方を解説しますょ

宇宙一わかりやすく電子レンジでプリンを作る方法を解説しますょ

宇宙一わかりやすくレアチーズケーキの作り方を解説しますょ

宇宙一わかりやすくアイスボックスクッキーの作り方を解説しますょ

宇宙一わかりやすくクレープの作り方を解説しますょ

んじゃ。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク