堀江、名刺やめるってよ

むかーしむかしとあるお役所にご挨拶に行ったら「ゴミになるだけだから名刺置いてかなくていいよ」って言われたゴロドクです、どうも。

そぷ(@sophide0822)さんがブログで面白いの拾ってた

名刺は時代遅れ。だけどその代替がFbってのはちょっと…。 | そぷログ

のでちょっと便乗。

スポンサーリンク

これからはFBでしょう!ドヤァ

収監前のホリエモンって、曲者ではあるけどそれほど香ばしい感じではなかったと思うんですが。

ホリエモン 「名刺は不要、日本は無駄が多いよ」

約1年9カ月の服役を経て社会復帰することができた。久しぶりに戻ってくると、いろいろな変化に気づく。最近、違和感を感じたのは名刺交換だ。

この1年9カ月で、フェイスブックという実名制のSNSが、だいぶ普及したようだ。私の服役前はそうでもなかったが、今ではビジネスベースのユーザがかなり増えた様子で、実際のところ、私もかなり活用していて興味がある人には直接メッセージを送っている。

(中略)

何人かの知人に聞いてみると、「フェイスブックアカウントを持っていない人へのアプローチに困る」という意見があったけれど、そもそもフェイスブックアカウントを持っていないような人とは仕事をしないと割り切ってもいいレベルに私の周囲は到達しつつある。つまり、皆が名刺交換をしているから惰性で続けているだけで、本当はもう面倒だからやめちゃいたいというのが本音なのだ、という結論に達したのである。

(以下略)

元記事はコチラ

最近の氏は家入一真様と対談開催したり不払い事件にチャチャ入れてみたりCAMPFIREの特別顧問になったり、イケハヤ師にかわる新炎上担当として居場所を見つけた様で何より。あるいは家入一家の用心棒の先生か。そぷさんの言っている通りこの調子で頑張っていただくと世のブロガーさんたちもネタに困らなくていいですね。

名刺交換というある程度普遍性の要求されそうなところに固有のプラットフォームを推しちゃうこと自体「いや、それサービス終わったらどうすんのwかわいいww」というツッコミ待ちであるだけでなく、よりによってそれがフェイスブックであるというところに周回遅れでファステストラップたたき出すような堀江氏の素晴らしいドライビングテクニックに感涙が止まりません。

ついこないだまでLINE推しを(ツイッターで)行ってたのはすっかり忘れてしまったんでしょうか。どうせなら「名刺の代わりにLINEでしょこれからは」って言ってあげなさいな。FB垢無しさんとは仕事しないと割り切れる世界ってどんだけ狭いんですか。

私が思うに名刺交換は初対面の人と会話切り出すきっかけにはそれなりに役立つアイテムだと思ってます。来社の度に不在デスクに何度も何度も名刺置いてく(田舎の商習慣で「こんなに頑張って足繁く何度もご挨拶に来てますよ!」という無駄アピール)のはアフォだと思いますけど。

で確かにそれが紙ベースであると整理も面倒だし資源的に無駄が多いし、代替えの何かがあればいいなとは思うんですけどね。まぁ間違ってもそれに固有のサービスがとってかわることはないでしょうね。そぷさんが

名刺の代替として「ベストな選択肢が無い」というのが現状でしょう。

と言ってる通りです。こういったところにそれなりの理想解を掲げて、そのうえで誰でも参入・持続可能な、より大きなの意味での「プラットフォーム」を考える(あるいは誰かに考えさせるのでもいいんですけど)のが昔の堀江さんのポジションだったんじゃないのかなと思ったりもするんですが、ご本人の希望でプロレスラーに転向するならそれもやむを得ません。

ちなみに最近の私の周囲のFB事情を見る限り、なんとかアプリ使ったクソアフィリエイターの狩場になっているか、意識高い系を気取る寒垢か、もはやこの世に未練なさそうなカオティックなオーラを発している人がいたりでとてもビジネスのビの字も出てきそうもないのですが、皆さんのFB界隈はいかがでしょうか。堀江さんがネオネオヒルズ族ぐらいになって月収○○千万みたいなシェアが回ってきたらそれはそれで愉快かもしれません。

んじゃまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク