生でもレタスをモリモリ食べる方法

高血糖予防で食事の最初に繊維をたっぷり摂らなきゃならないゴロドクさんです、どうも。

naverでどなたかが茹でレタスレシピのまとめを作ってらっしゃいまして、レパートリー増えるのでそれはそれでありがたいことですが、栄養価を考えると生でいただくのも大事よねぇ。

スポンサーリンク

とっても単純なことですが

で、生レタスをモリモリ食べる方法なんですが、ようはガサを減らせばいいんですよ。ですから

一枚の葉をびりびり破きまして

細かくしてしまえばいいのよ。単純すぎますね。でも写真で見てわかる通り、見た目半分以下になるのでこれなら量食べれるんですよね。

茹でてモリモリ食べられるようになるのも、それは茹でたからじゃなくてしんなりして量が減ってるからなんですよねー。

あと、レタス茹でるとちょっと甘味強くなりすぎるので暑い時期にサッパリ食べるはやっぱり生の方がありがたいかも。

栄養価のことなど

コチラのページによるとレタスに含まれる栄養価は

  • 【カロチン】130μg
  • 【ビタミンC】5.0mg
  • 【ビタミンE】0.3mg
  • 【カリウム】200mg
  • 【鉄】0.3mg
  • 【食物繊維】0.5g

とこんな感じです。

繊維の量は加熱しても基本変わりませんがビタミンCはやや熱に弱く加熱で壊れやすいです。

またビタミンCとカリウムは水にも溶けだしやすいので、加熱して使いたい場合は茹でよりもレンジ調理機などで無水で温めるといいかもしれません。

ちなみにビタミンEはビタミンCとセットで摂ると相乗効果を得られやすいそうです。

という豆知識さんでしたが、レタスひとつとっても調べると色んな事がわかるもんですね。

んじゃ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク