さらばgoogle reader、でもあとちょっと移行猶予があるよっ

2013年7月1日をもって終了を迎えたGoogleリーダー。RSSヘビーユーザーは既にどちらかに移行済みだろうとは思いますが、まだの方は急いで対応しておきましょう。

スポンサーリンク

執行猶予は7月15日まで

Google reader終了後の7月2日現在、readerのページにアクセスすると

こんな感じでサービス終了のお知らせが表示されます。

英語メッセージなんですけど、Google readerのデータは恒久的に削除されますよ、という旨が書かれています。

現時点ですでに削除済みかというと実はもうちょっと猶予があって、2013年7月15日午後12時(米西海岸標準時)まではデータが保存されていてテイクアウト(データのエクスポート)が可能ですよ、とも書いてあります。

このページにあるリンクをたどると次のようなページが表示されます。

Google データエクスポート

各種Googleサービスのデータエクスポートを行うページです。このページから全サービスの一括エクスポートも可能なんですが、今回はreaderのデータを吸い出したいのでまずは【サービスを選択】をクリックします。

続いてサービスのリストが表示されますので【リーダー】を選択(クリック)。

そうするとreaderのデータの収集が開始され、完了すると図のように赤四角のドットと100%の文字が表示されます。このまま続けて【アーカイブを作成】をクリックします。

データが圧縮されダウンロードの準備ができるとこのような画面に遷移します。ちなみにアーカイブの作成は何度でもできるので行った回数だけファイルが生成されます(図は2回目なので2つ生成しています。中身まるっきりおんなじだけどね)。あとは【ダウンロード】ボタンを押すだけです。

適当なフォルダにダウンロードして解凍(ダウンロードファイルはzip圧縮です)するとこんな感じのファイル群に展開されるのですが

この中の【subscriptions.xml】というファイルにGoogle readerで登録していたRSSのリストデータが格納されています。

中身のことは全然わからなくてもいいんですけど、一応テキストエディタなどでも開けますから「お気に入りのあのブログ、ちゃんと入ってるかな?」と確認もできますよ。

移行先のことなど

というわけでRSSリストのXMLデータが手に入りましたので、移行先のRSSリーダーでこれをインポートしてくださいね。

メジャーなところはだいたいXKLインポート対応してるんじゃないかと思います。まだ移行先決めてない方のために一応リストあげておきます。

新しいお気に入りのRSSリーダーまだ見つけてない方も、とりあえず仮置きのつもりくらいでGoogle readerのデータ吸い出して別のリーダーにインポートしておくと安心ですね。

繰り返しになりますがgoogle側でのデータ保存期間は2013年7月15日午後12時(米西海岸標準時)までです。それ以降は永久破棄となりますので早めに対応しておきましょう。

んじゃ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク