石原と猪瀬の違いとは何だったのか

ネタ帳さんのご息女に彼氏ができたというポストを見て、全く気に入らなかったFBをだらだらと続けてきた意味がわかった56㌢メートルさんです、どうも。いいね!100回分とご本人にお伝えしてきました、すまない。

さて都知事の猪瀬氏辞表提出ってことでして、えっと都知事勤めたのは結局1年くらいでしたっけ?短命でしたなぁ。

スポンサーリンク

テレビつけたらテレ朝になってた、畜生!

たまたま報ステみたら(たまたまですよ!あんな下賤な番組好んでなど見ない)石原がインタビューで猪瀬辞任について語ってるわけですよ。

一字一句そのままじゃないけどだいたいこんな感じ。

あのね、誤解のないように言っておくけど、引導渡したの僕じゃないからね。盲点があったの。僕も知らなかったんだけどね、都職員の服務規程。知人や関係者から金借りたりしちゃダメなんだよ。免職になるの。

あーなるほどあの老害丸出し右側通行、ときに記者に喰ってかかるあの石原でもそれなりに都知事やってこれたのに猪瀬がダメなのはこういうことなのか、と理解しました。

僕も知らなかったんだけどね、都職員の服務規程。

大事なのでもう一回

僕も知らなかったんだけどね、都職員の服務規程。

ぬけぬけとこういうことをなんの臆面もなく言えないがゆえに猪瀬は辞めざるを得なかったんだな、と。つらっと

「借りた金を返したんだよ、それだけだ。当たり前だろ?返さなかったら泥棒じゃねぇか」

くらい言えればまた風向きはちがったんでしょうなぁ。

器の大小ってのとはまた別で、なんというかある種の無神経さと図々しさがないと自治体の首長もつとまらないのよね、きっと。

あ。あのね、誤解のないように言っておくけど、ボク石原大嫌いだからね。

閑話休題 知事選にあの人が

ということで年明け早々に知事選ですかね。

FBでクソみたいな記事訳も分からずシェアすんのマジでウザいからやめろって言ってるんですけど

家入 一真 – 国や社会や行政や学校といったレイヤーの網目の隙間から落ちてしまった子たちの居場所を作るのが僕らのやってることなんだよね…

国や社会や行政や学校といったレイヤーの網目の隙間から落ちてしまった子たちの居場所を作るのが僕らのやってることなんだよね。別にそれは慈善でも何でもない。ただ、国に頼れない中で、僕らは僕らで勝手にやるよ、と。

(中略)

というわけで都知事選の準備します。出馬費用はクラウドファンディングで。

いよいよパンチ力が無くなっていく姿を見て時の流れの非情さを感じずにはいられません。studygiftのナントカって小娘のときはあんなに盛り上がった(炎上した)のに…

一年以上かかってstudygift再開しまして、 これが再開時の魚拓これがついさっきとった魚拓。いつまで事前エントリーなんだ、ぜんぜん進展してねぃじゃねぃか。初期炎上の時はスピード感こそ…っていってたのにな。都民のこと考えんでいいからとりあえず一人でも子供救えよ。

っていうかもうみんなこの話題全く興味ないよな。FBのカバー

これすら虚しく思えるようになってきました。チーン。心ある皆さんはもうちょっといじってあげてください。いじってあげないといよいよ「あの人は今」になっちゃいますからね。

あ。あのね、誤解のないように言っておくけど、ボク家入一真大嫌いだからね。

まとめ

太郎がバッヂつけるくらいなので油断ならない魔都・東京。都民の皆さんはくれぐれもご自分の一票をお大事に。個人的にはいまきた加藤先生のご出陣が楽しみなところであります。絶対出ねぇよ。

んじゃまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク