Amazonで酒類販売始めたからAdsenseユーザーは気を付けてね

歳のせいかめっきりお酒が弱くなったごろどくです、どうも。

Amazonジャパンで酒類の販売が開始されたようです。

アマゾン、酒類を直販 6000品目スーパー並みに安く | 日本経済新聞

スポンサーリンク

何に気をつけろって

むかーしこんな記事を書きましてね。

あらためておさらい AdSenceユーザーが取り扱ってはならない11のコンテンツテーマ

ここにも書きましたが基本的にGoogle AdSenseでは酒類の販売に誘導したり宣伝したりするのアウトなんですよね。

で、私もそうなんですがAmazonアソシエイトとGoogle AdSense併用してる人って結構いると思うんですが、うっかりどこそこの居酒屋行ったときにこの酒美味かった、なんてネタに引っ掛けて日本酒のアソシエイト広告差し込んじゃうとたぶんAdSenseの垢バンされちゃいそうですよ、って話。

ワインとスパークリングワインがOKな謎は今でも謎のままですが、いずれにしてもアルコール類の広告はやめといたほうが無難ですね。即日お届けは魅力的ではありますけれども。念のため。

んじゃまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク