藤田晋という人のことを知らない私が藤田晋について調べた結果

なんというか、一個人の人生積ませるために有料ブログで呪詛を刻む会社経営者がいるそうで。

私が退職希望者に「激怒」した理由  (藤田晋氏の経営者ブログ) :日本経済新聞

有料だからもちろん読めないんだけどさ、ほかの記事によると、要するに引き抜きで退職する社員がけしからんしかもそいつは社内で一度大コケやらかして再度チャンスを与えてやったとこなのに途中でそれを放り出してしまうなんて重ねてけしからん、ということだそうです。

社員が会社を辞めるのは自由なのに、転職社員をNIKKEIで罵倒し、魅力のなさを公言してしまった藤田晋氏の器

藤田晋がムカついたことを正直に日経に書いた結果wwwwwww

一般人にとってはことの顛末以前に「藤田晋って誰だよ?」ってわけで。

スポンサーリンク

「ヒルズ族なんだって」「ネオじゃないの?」「うん、ヒルズ族」

ウィキペディアの紹介によるとこんな人だそうdeath。

藤田晋

藤田 晋(ふじた すすむ、1973年5月16日 – )は、日本の実業家。株式会社サイバーエージェント代表取締役社長。2000年代、ほぼ同時期の起業で成功を収めたライブドアの堀江貴文や楽天の三木谷浩史と並ぶいわゆる“ヒルズ族”の筆頭格として語られてもきた。

ちなみにごろどくさんほりえもんと三木谷さんは知ってたよ。知ってた知ってた。藤田さんは知らない。

大学卒業後、人材派遣会社インテリジェンスへの勤務を経て、1998年に起業。株式会社サイバーエージェントを設立し、同社の代表取締役に就任。2000年、26歳当事、同社の東証マザーズ上場を果たした。

サイバーエージェント。聞いたことアルっぽいけど何してる会社なのかは知らないアル。だからもうちょっと調べるアル。

サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェント(英称:Cyber Agent, Inc.)は、Ameba(アメーバブログ)関連事業とインターネット広告代理店事業を主とする企業である。本社は東京都渋谷区に所在。会社設立には有線ブロードネットワークス(現:USEN)が大きく関わっている。 また社内で多くのIT勉強会を開催している。

な、何だってーーーーー!?PV水増しで有名なアメブロの中の人だってーーーーー!?(注:正確には中の人ではない)

アメブロのPVの水増しがすごい所はですね、

Amebaなどブログのアクセス数は水増しされている – ●探求三昧 by 百瀬直也● – 超常現象研究家・地震前兆研究家が何でも探求するブログ since 2004

アメブロのアクセス数、約5倍の水増し疑惑。検証結果は?|ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資

アメブロのアクセス数がおかしい。どうやら、すごい勢いで水増しされているという事実を発見! | うえせい.com

水増し率が4倍5倍10倍とかそういうことじゃないんですよアメの力のすごさは。2014年の記事が出てくるところなんですよ。これについては

アメブロのPVが界王拳並みな件 – カイ士伝

アメブロでアクセス数アップネタを商売しいている人が気の毒すぎる件*ホームページを作る人のネタ帳

2009年あたりからひたすら同じこと指摘され続けているのに全く改善の兆しを見せないところがアメのアクセス解析の真の凄さなのです。5年ですよ5年。サイバーなエージェントはアクセスをアナライズしてくれないのです。

というような会社の設立者であり経営者ということがわかった藤田晋さんです。急に親近感がわいてきました。ちなみに田舎のほうでは相変わらずアメブロ使ってブログはじめようブログで集客しよう集客して儲けようみたいなセミナー屋がまだまだ生き残っているようです。類は友を呼ぶという言葉を発明した人を未来永劫称えたい。

ちなみにさきほどのウィキペデイアの藤田晋の項にはこんなことも書いてありました。

もともと金銭への執着はあまり無いほうで、自社株公開後にそれなりの個人資産を得てからますます金銭欲が薄れたという。初めてテレビの独占取材を受けた際には「べつにクルーザーが欲しいわけでもない、あと貯金とか嫌いですしね」と自らの物欲の無さを語り、「大学にいたとき、会社入ったときですね、思ったのは。カッコよく生きたい、と。」と人生観を語っている。

四十路の、しかもそれなりの立場のいい大人が、小僧をブログで公開処刑とかカッコ良すぎます。奥菜恵、いい男逃したね!

というわけで北海道の経営者の皆さん、ブログで集客して売上伸ばしたいと思ったらごろどくさんにご一報ください。全力でアメブロ講座を開かせていただきます(アメブロ一度も使ったことないけど)。一講座50分50,000円になります。安いでしょ?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク