「ベビーカー乗車」を取り巻く11の不寛容

このネタ定期的にほってんとり入りしてますよね。

「電車内ベビーカー」問題は、子育てへの理解不足が原因ではないと思う件(ふじいりょう) – Yahoo!ニュース

それほど大勢が食いつくネタでもないと思うんですけども。

そんなわけで「ベビーカー乗車」周辺の怒れる人々を見てみましょう。

  1. 「ベビーカーのせいで車内がより窮屈」と考える人
  2. 「ベビーカーのせいで1本乗り逃した」と考える人
  3. 乗り逃しで遅刻した部下を責める上司
  4. 乗り逃しで遅刻した営業を責めるクライアント
  5. 乗車効率=利益率至上で乗車人数に余裕のある本数を用意できない鉄道会社
  6. そもそも結婚出産を見下している独女キャリアウーマン
  7. そんな場面に出くわしたことはないけどベビーカー乗車が迷惑だという話題を聞いて簡単に同調する人
  8. 逆に「私ベビーカー押してるのになんでみんな気を使ってくれないの!」とキレる親自身
  9. 逆に「なんで子連れの女性に周りの人間は配慮できないんだ!」とわめくプロ市民
  10. 件の記事のブコメ
  11. このリスト見て「無理やり11個挙げたな」って言ってる人

「お前完全に関係ないじゃん」ってのがいくつか混ざってます。それだけ世の中みんな余裕がないんだなということでしょうか。もっと寛容な世の中になるといいですね。自分に関係ないところでイラつくのは精神衛生上よくないと思うんですけど。

んじゃまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク