オレの事由はオマエの不自由

シャルリ・エブドが福一を揶揄った画を掲載したとかなんとか。

在仏日本大使館もアレですが、ブコメも結構な。

スポンサーリンク

なんとケツの穴の小さい

仏「シャルリ・エブド」 福島第一原発を風刺か NHKニュース

ことし1月に襲撃を受けたフランスの新聞「シャルリ・エブド」は、18日に発売した最新号で、東京電力福島第一原子力発電所を題材にしたとみられる風刺画を掲載しました。

(中略)

そして、黒みがかり、煙が立ち上る福島第一原発とみられる建物の前で、防護服を着た2人が巨大化した鳥の足跡を見て「ことし最初のツバメだ」と話しています。

これについてフランスの日本大使館は、「事実関係を確認のうえ、大使館としてどのような対応を取るか検討している」とコメントしています。

(以下略)

この件のくだらなさに言及しているコメントがある一方、叩かずにはいられない御仁も少なからずおられるよう。

以下ブコメから。

こうして身近なものに対するこの社の風刺?をみると如何に低レベルで下らないかよく分かるなぁ。

風刺が如きに『レベル』を求めるレベルの低さ。

懲りない連中だ。

叩かれて懲りるくらいならそもそも風刺などやらない。

三本足の力士ネタがあって,また日本に対して平気で奇形ネタを使い回しってことでしょ.相当レベル低いな,フランス文化.

左派の一民間誌の話であって「フランス」と一般化するほどのことでもない。

ただ圧力をかけてクレームを入れるのではなく、データを元に反論してほしい。こういう理由で違うんだといってほしい。

人体の構造を模式化した図を描いて集英社に「ルフィの手が伸びるのはおかしい」と抗議するのはおかしいとは思わないのですか?

漫画としての面白さに欠けるという点は非難されてもしょうがないんでしょうけども。次は「ディスプレイ前にしてハテブで顔まっかっかにしてる日本人、『PC供給電力は福二から(の予定)だから大丈夫(ドヤァ)』」くらい描いてもいいんじゃないですかね。

日本の一部界隈の言論の自由、表現の事由には『オレの』が暗に付されているようです。んじゃまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク