ブログ1記事当りの価値がわかるとライター稼業が馬鹿らしくなるかもしれない、というお話

月間更新数一桁が続く泡沫も泡沫の56DOCブログ管理人ごろどくですどうも。

先ほどに引き続き連休でごろごろしてたら今度はウェブシュフさんから面白い記事が流れてきました。

【衝撃の事実】泡沫ブログですら1記事の価値は5700円…500円で売るなんて(ry|ウェブシュフ

ブログ記事には、誕生直後に書いて3年稼動しているものから、最近書いて稼動期間がほぼゼロものまであります。

記事の稼動期間の平均をざっくり計算すると1.5年です。

868.1円÷1.5年=578.7円

当ブログでは、収入の一部だけで計算しても、ブログ1記事が1年間に500円以上の収入をもたらすことがわかりました。

へー、結構な金額なんですねぇ…プロブロガーになろうとか全く思わないしウチは全然稼いでないですけど、と思いつつ一応計算などをしてみましょうかと。

スポンサーリンク

1記事100円あれば御の字かと…

件の記事に書いてある通り1記事の平均稼働年数と記事数と総収益から1記事当りの年収益が分かるみたいですね。

当ブログの場合収益はgoogle adsenseとamazonからの収益があるのですがamazonは半年に一回入金有るか無いかくらいなのでここでは無視。

adsenseは確定金額が正確な場合に限り公開してもいいことになっておりますので、ブログ開設の2011年10月から2015年3月末までの確定収益合計を対象として計算してみましょう。

  • 運営期間:41ヶ月=3年5ヶ月
  • adsense41ヶ月総収益:311,388円
  • 記事数:737記事
  • 1記事平均稼働期間:28ヶ月=2年4ヶ月

1記事平均稼働期間は運営期間の半分とかだとちょっと粗い(記事のリリースピッチが初期と現在でかなり異なる)ので、(ある月の経過年数×その月のリリース記事数)の全期間合計を運営期間で割り返すとこんな感じの数字になりました。

で、総収益を記事数と平均稼働期間で割ると

181円/年・記事(15円/年・記事)!

ということでウェブシュフさんと比べると全然~という感じですが、それでも記事数あるし一度書いてしまえば毎年数万~10万とか不労収入になりますし、書きたいことが書けるわけでもなくある程度縛られた状態で1記事500円売りっぱなしとかではやっぱりとても売れないなぁ…というのは同感です。5,000円でもちょっと無理かな。

ブログライター的な皆さんも、いろんな意味でやばい橋を渡らされるようなこともあるかも知れないなんちゃってライター稼業で、1記事500円とか冷静に考えれば絶対ありえない数字ですので、もう少し長い目で見てコンテンツ作りに勤しむと数年先にすこーしだけ幸せになってるかもしれませんね。

【関連あるかも知れない記事】

[小波感想文]著作権について詳しいともかわさんの対応が大変すばやくて素晴らしいと思いました。 | 56DOC BLOG

んじゃまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク