コーヒー牛乳と宇宙

あっついですねぇ…あついですねぇ…あつ…ここから暑いといったら罰金にしますごろどくですどうも。ホット!ホット!

ベリーホットなのでクールなコーヒー牛乳飲みます。カフェオレとかカフェラテとかそういうクールな感じじゃないです。冷たいコーヒー牛乳です。

スポンサーリンク

ビッグバン、現在、そして

普通のコーヒー牛乳です。

がっつり氷入れたグラスに牛乳を注ぎます。

半分ぐらい入れたら今度は冷やしたコーヒーを氷をクッション代わりにしながらそっと注ぐと

こんな感じで綺麗な二層になるんですよ。ここでごろどくさんは上端と下端が宇宙の始まりと見立てるわけです。

真ん中のちょっとだけコーヒーと牛乳が混ざっているところが無と有、秩序と混沌が入り混じった状態、つまり現在の宇宙です。

ガーーーーッとかき混ぜて均一にうす茶色くなったコーヒー牛乳を眺めながら「エントロピーの最大化=宇宙の熱的死」とか言ってニヤニヤします。

がぶがぶ飲みます。宇宙がなくなりました。そしてもう一杯ツートンコーヒー牛乳を作ります。新たな宇宙の誕生です。創造主になった気分が味わえます。

お分かりかと思いますがごろどくさん妄想家です。こういったことで楽しめて大変安上がりないい人生だと思っています。

夏の暑さにやられているわけではありません。年中こんな感じです。北海道の夏は短いです。存分に楽しみたいと思います。んじゃまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク