Tweet Deck リニューアルのニュース記事

このニュース記事見て一つ前のエントリ「デスクトップ用ツイッタークライアント『Tweet Deck』がリニューアルされたようなので早速インストールしてみました」が「え?今更何いってんの?」的なタイミングを逸したモノでなくてよかったなーとちょっと一安心しております。

スポンサーリンク

ニュース記事より先にレビューエントリ書けてちょっと嬉しいかも

いやそんなことはどうでもいいんですけどwとりあえずニュースをクリップクリップ。

デスクトップ向けTwitter公式クライアント「TweetDeck」がリニューアル

“Adobe AIR”から“Qt”ベースのネイティブアプリに

 米Twitter, Inc.は8日(現地時間)、Twitter/Facebook用のマルチカラム型クライアントソフト「TweetDeck」の最新版を公開した。Windows XP以降などに対応するフリーソフトで、Mac OS X版も公開されている。現在、本ソフトのWebサイトからダウンロードできる。

 「TweetDeck」は、クロスプラットフォーム対応のマルチアカウント・マルチカラム型クライアントソフト。本ソフトを開発していた英TweetDeck, Inc.は今年5月、米Twitterに買収されており、デスクトップ向けのTwitter公式クライアントと位置づけられている。

 本ソフトは、当初“Adobe AIR”ベースのアプリケーションだったが、本バージョンではクロスプラットフォームのアプリケーション開発フレームワーク“Qt”を利用したネイティブアプリケーションとなっており、動作速度の向上が期待できる。

 本ソフトの特長は、無償で取得できる“TweetDeck”アカウントにTwitterとFacebookのアカウントを複数紐付けて利用する仕組みになっており、「Google Chrome」アプリ版「TweetDeck」などとアカウントの設定を共有できること。投稿時に日時を指定できるスケジュール投稿機能を備えるのもユニーク。そのほか、URL短縮サービスとして“t.co(Twitter)”と“bit.ly”、画像共有サービスとして“Twitter”“Twitpic”“yfrog”を選択できる。

 また、Twitterは同日、モバイル向けWebページ、iPhone版アプリ、Android版アプリについても、新しいデザインを採用した最新版をリリースしている。デスクトップ向けのWebページについても今後数週間以内に新デザインが全ユーザーに提供される見込みで、iPad版アプリやそのほかのプラットフォームについてもリニューアルが予定されている。

元記事はコチラ

なるほど、随分感じ変わったと思ったらAdobe AIRベースではなくなってたのですね。そして公式サイト見たら「tweet deck by twitter」となってたのでこれはなんぞ…と、「公式アプリなんだぞ!」と言うところを主張したかったのですね。

どうやらtwitterのWebのデザイン自体も更新が始まってるよう(私のとこはまだだけど)で今回のWebの更新とDeckやスマホアプリの更新は連動したもののようです。

まだ私のようにWebのほう更新かかってない方は「IDEA*IDEA 百式管理人のライフハックブログ」の以下エントリを読んで頂くとイメージつかめると思うので今からwkwkしておいてくださいね。

Twitterがリニューアル、新しいインターフェースが登場した模様

Twitterのリニューアルに関して地味にすごいな、と思った4つのポイント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク