抹茶×きなこ×黒蜜。最強。

土日は娘のクロカンの練習に付き合って結構走るんですよ。5km走もミニハードル走もダッシュも走るし筋トレとかも一緒にやります。めっちゃ疲れます。もう死んじゃうかも。死なないけど。

疲れると甘いもの食べたくなります。甘くて冷たいやつ。食べたくなったので過去の宇宙一わかりやすいレシピから良さげなのつまんできてコンボさせました。
抹茶アイスとわらびもちコンボ

スポンサーリンク

冷たい和コンボ作ろう

アイキャッチでなんとなく分かったんじゃないかと思いますが、アイス作ります。抹茶アイスです。

それだけでは物足りないのでわらび餅ぷるるんも作ります。そしてきなこと黒蜜もかけちゃいます。

自作はこういうプチ贅沢できて良いよね。

抹茶アイス

アイスクリームの作り方は

宇宙一わかりやすくバニラ風味アイスクリームの作り方を解説しますょ | 56DOC BLOG

抹茶アイス

で書いてます。ヴァニラを抹茶に変えます。ヴァニラエッセンス入れないで抹茶粉末にするだけですけどねー。

抹茶アイス

抹茶普通に買うと高いじゃないですか。スーパーで売ってる安いやつでも30g500円とか。なので抹茶ミルクとか抹茶オレとか使ってもいいです。200g300円くらいでしたかね。ドカドカ入れても惜しくないでしょ。

抹茶アイス

今回は生クリームを立てるときに大さじ2杯くらい入れました。濃ーいのが良い人はやっぱり本物の抹茶で。

わらびもち

これも前に作ってますね。

レンチン合わせてもたったの5分!宇宙一わかりやすくわらびもちの作り方を解説しますょ | 56DOC BLOG

わらびもち

水と牛乳100ccずつ使ってましたが今回は全部水で200ccで。作り方は…水溶き片栗粉をタイトル通りレンチンして混ぜるだけです。

わらびもち

匙ですくって氷水の中に落とすとすぐに冷えて固まり、一口サイズのをたくさん作れる、そしてお互いくっつかない…というハック。

わらびもち

食べるまで水に浸けっぱなしで冷蔵庫に入れておきます。牛乳入れないと結構透明になるから涼しげで良いでしょ?

黒蜜

黒蜜は今まで作ってませんね。

黒蜜ってそもそも何かっていうと、黒砂糖の水飴、つまり黒砂糖を水に溶かして煮詰めたもの。

黒蜜

スーパー行ったらブロックというか塊になってるやつのが安かったのでそれ買いました。かたまってない顆粒っぽい方が水に溶かすのには都合良いですけど、塊でもちゃんと作れました。

黒蜜

鍋で煮詰めるときは黒砂糖と水は同量で、レンチンで作るときは水は砂糖の2/3~半分と少なめで作ります。今回はレンチンでやってます。

600W30秒で一回止めて、フォークとかでザクザクッっと粗く砕きつつ

黒蜜

もっかい600W30秒で細かく砕きほとんど形が無くなった状態で、さらに₊20秒くらいで加熱するとブクブク沸騰すると思います。

これで水っ気飛ばします。粘度の高い気泡でこぼれやすいので、大きい耐熱容器に底の方にさらっとくらいの分量で作ると安心です。

予熱でも水分飛ぶので「ちょっとサラッと気味」で加熱止めるようにね。

黒蜜

プリンの空き容器があったのでそれに詰め替え粗熱とりましたよっと。

そしてコンボ

小鉢にわらびもちを取り、そこに黒蜜ときなこをかける。

それに抹茶アイスを添えると

黒蜜きなこわらび餅抹茶アイス

こうなりました。正義です。

美味いかって?作ったらわかるよ!はーしあわせ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク