2016年参議院選挙公示前夜に怪しげな投函頂いた速報

えーと何書いていいのかわかりませんが、さっきリビングで筋トレしてたら郵便受けカタッとなって、気のせいかなーと思いつつ一応郵便受け確認したらなんか怪しげなリーフレット?突っ込まれてました。

特定政党や候補を推す内容ではないですがまだ日付変わる前、要するに参議院選挙公示前なので色々問題あるかも知れんのでうpしておく。

スポンサーリンク

dohoku.shiminrengo…?誰だよ?

内容的に色々判断しかねるので突っ込まれたリーフレットらしきもの全部撮影して公開しておきます。もちろん私が作ったもんじゃありませんょ。

一応郵便受けに投函された時刻記録しとく。2016年6月21日22時30分頃。





ざっと見てお分かりの通りどこの誰が作ったもんか全くわからない。

公示前なのに候補者名を書いてある。

なんだかよくわからんけど寄付お願いされてる。

dohoku.shiminrengoググっても全く情報なし。

そしてなにより名前も名乗らず顔も見せず、夜中にこんなもん入れてくの、キモい。キモ過ぎる。いったい誰なんだよ、お前。

と言うことで特にオチらしいオチも何もなくてすみませんが、関係あるような何らかの情報ご存知の方いらっしゃったら、コメントいただくか@gorodokuあてにtwitterでメンションでもいただけるとありがたいです。速報でした。

【追記】

リーフレットに問い合わせ先メールアドレスの記載がありましたので以下のような問い合わせメールを送ってみました。

送信日時は 2016年6月22日 9:35 です。

56DOCブログ(http://blog.56doc.net/)というブログを運営しているgorodokuと申します。

2016年6月21日22:30頃、自宅に「参院選2016 北海道ブロック 候補者ガイド」なる以下のような投函がありました。

2016年参議院選挙公示前夜に怪しげな投函頂いた速報
2016年参議院選挙公示前夜に怪しげな投函頂いた速報
えーと何書いていいのかわかりませんが、さっきリビングで筋トレしてたら郵便受けカタッとなって、気のせいかなーと思いつつ一応郵便受け確認したらなんか怪しげなリーフレット?突っ込まれてました。特定政党や候補を推す内容ではないですがまだ日付変わる前、要するに参議院選挙公示前なので色々問題あるかも知れんの...

問い合わせ先にこちらのアドレスの記載がありましたので何点か確認・質問させていただきたいと思います。

1.作成者について

このリーフレットには作成者あるいは作成主催団体の記載が一切ありません。だれが、あるいはどのような団体が作成されているのか教えてください。

また、団体である場合、可能であれば問い合わせ窓口担当者の氏名も教えていただければと思います。

2.政治団体との関連について

問い合わせ先メールアドレス「dohoku.shiminrengo」

および寄付の振込先名義「ドウホクシミンレンゴウ」

から、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」「SEALDs」「安全保障関連法に反対する学者の会」「立憲デモクラシーの会」「安保関連法に反対するママの会」からなる市民団体「市民連合」との関連が推測されますが、このリーフレットの投函はそれらの団体およびその支持する政党(民進党・共産党・社民党・生活の党)の政治活動と関係がありますか?

3.寄付の使途について

寄付のお願いの欄に

「このリーフレットは無料で配布しています。選挙に行くことの重要性を周知するため、趣旨に賛同いただける方はご支援のほどよろしくお願いいたします。」

とありますが、集まった寄付が特定の政党または参議院選挙候補予定者およびその関係者に献金されることはありませんか?

また、可能であれば寄付の具体的な使途を教えてください。

4.リーフレット配布時期と参議院選挙の公示について

冒頭に有りますように本リーフレットが自宅に投函されたのが2016年6月21日22:30分頃です。

第24回参議院議員通常選挙の公示は2016年6月22日です。公示以前に「候補者」として各政党党員の個人名を挙げることについては特に問題ないとお考えでしょうか。

5.候補予定者の表記順序について

リーフレットには選挙区選挙について、主要政党の候補予定者(リーフレットには候補者とありますが)が記載されていますが、表記順序に何らかの意図がありますか?具体的には、選挙区選挙は候補者の得票順に当落が決まりますが、本リーフレットで民進党及び共産党が最も左側に記載されているのは得票順位を意識して暗にこれらの候補予定者を推すことを呼びかける意図がありますか?

6.政党の政策表記について

リーフレットには比例代表選挙について、主要政党の主な政策について記載した表がありますが、民進党・共産党・社民党・生活の党の政策について特に目立つように表中央近くに、最も大きな色分け面積で記載されています。

単に与党2党に比べて連携野党4党と政党数が多いので結果的に最も目立つようになっているのでしょうか。そうではなく野党4党を暗に押すことを呼びかける意図がありますか?

7.用語解説の用語の選定について

用語解説の欄に記載のある用語は主に労働問題、それと貧困世帯問題について記載されているようです。またTPPについては参加に否定的な解説がなされています。

これらは第24回参議院議員通常選挙において、野党4党が争点化したい内容に近いように思われますが、そのような恣意的な用語選定を行っていますか?

お忙しいところ申し訳ありませんが、ご回答いただければ幸いと存じます。

返信があるかどうかはわかりませんが、何らかのリアクションがあればまた報告したいと思います。

【追記2】

お返事いただいたので公開。

  • From: 市民連合どうほく
  • To: gorodoku
  • 日付: 2016年6月23日 2:17
  • 件名: Re: 作成者不明のリーフレットについて

こんばんは。

URLより、ブログページを拝見させていただきました。

当リーフレットのポスティングにつきましては、リーフレット本体に記載されてあります通り、「投票啓発」以外のなにものでもありません。

公示前なのでいろいろ問題があるかもしれないと危惧されているようですが、私共常々複数人の弁護士等に確認を取りながら作業にあたっているので公職選挙法上違法であるという心配はございません。

中傷とも取れる内容、そして送信されたE-mailの全容をブログのページに公開してあり、e-mail送信にあたってもユーザーネーム使用の匿名であるという点から、こちらとしても誠意を尽くした対応が出来かねます。重要な箇所のみに回答して差し上げたいと思います。

1. 私たちは一般市民の集まりであり、政治団体ではありません。特定の政党・候補者に有利になる (と思われる) 表記をしているわけではなく、また公平に事実のみを取り入れたものなので、誰によって制作されたかについては重要視しておりません。

2. 仮名称であり、いずれの団体とも関係はありません。

3. 寄付とは当リーフレットの印刷代へのカンパのことです。

4. 失礼ですがご自身で公職選挙法についてお調べください。

その他の質問に関しては直接対応させていただきたいと思います。批評がありましたら今後改善できるよう活かしたいと考えていますのでご住所とご都合の良い日時、もしくはお電話番号をお知らせください。担当の者がお伺いさせていただきます。

尚、こちらのメールが貴方様のブログに許可なく掲載されるようなことがあった場合には、申し訳ないのですがこれ以上の対応は控えさせていただきたいと思います。私共が行っているこちらのプロジェクトに関しましても法律に違反しているわけではありませんので、匿名の中傷にまで個別に対応する必要性はないと考えます。どうぞご理解ください。

では失礼いたします。

よろしくお願いいたします。

候補者ガイド制作者 ちひろ

はい、「回答して差し上げ」られました。4.は作成当人(または当団体)としての考え方を尋ねてたのですが、「法律調べろ」と、なんかかみ合っていない回答ですね。以下返信にてわかったことまとめ。

  • 作成は団体による
  • その団体は政治団体ではない
  • 特定の政党・候補者を推してはいない
  • 作成した団体は「誰によって作成されたかは重要視していない」と認識している
  • dohoku.shiminrengo、ドウホクシミンレンゴウは仮名称
  • いずれの団体とも関係ない つまり「市民連合」とも関係ない
  • 寄付の使途は投票啓発のリーフレット作成に用いる
  • 深夜の匿名かつ顔を見せないポスティングを行っているけど匿名の質問には誠意を尽くした対応が出来ないし匿名の中傷にまで個別に対応する必要はないと考えている

はて「中傷」というのは根拠のない悪言のことだと思ってましたけどどの辺のことですかね?深夜の匿名かつ顔を見せないポスティングがキモいというのは私の率直な感想であり曲げる気も取り下げる気も毛頭ありません。

「市民連合」との関連性についても名称(仮名称だそうですが)から「推測」されるのであって、その確認のために質問をしています。関係なきゃないでそれ以上なにもない、で終わりなんですがなんか問題あります?

なお、本メールの掲載については

  • 思想又は感情を「創作的に」表現したものではない為、著作物ではない
  • 個人・団体が一切特定できないため、プライバシーを侵害していない
  • 当ブログの本記事を通じて「虚偽の風説を流布し、または偽計を用いて、人の信用を毀損し」ていないため信用毀損に当たらない
  • 本記事の内容は「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損」していない
  • 本記事の内容は「公務員又は公選による公務員の候補者に関する事実に係る」内容

であることから公開しております。どこのどんな団体か伏せたままなのでそもそも毀損もなにもあったもんじゃないですが。いろいろ不快に思うなら「複数の弁護士等」にご相談なさるといいでしょう。

一方的に出所不明の深夜のポスティングがなされた上に、質問の返信で「弁護士」なんて出されて名誉毀損呼ばわりで脅されたら、個人ブロガーなんて何にも書けなくなるわ。怖い怖い。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク