カラフルで可愛い?シブくてかっこいい?パラコードブレスレットを作ってみたよ

こないだ久々に児童クラブ行ったら指導員のお兄さんがちょっと渋いブレスレット作ってて、話を聞くとアウトドア用のロープみたいので作ったって言ってたので、猛烈に制作意欲刺激されてごろどくさんも自作してみました。

児童クラブのは男の子向けっぽい黒いゴツい奴だったのでちょっとカラフルなので編んでみたんですけどどうでしょうかね?

パラコードブレスレットの作り方000

スポンサーリンク

ブレスレットの材料はどんなの使うの?

こういうの調べてみたら「パラコードブレスレット」と言うらしいです。パラコードは「パラシュートコード」の略で引張強さが250kgあるとかないとか色々書いてるんですけど、単にアクセサリとして使うだけならバラして緊急用のロープに使うこともないでしょうから簡単に手に入るロープでもいいんでしょうけど。

パラコードブレスレットの作り方001

まーでもせっかく作るなら、ということで秀岳荘でアウトドア用の材料を調達。円環の留め金はカラーS環でロープも派手なのに。φ3mmのが60円/mで売ってたので

パラコードブレスレットの作り方002

4m×4色で960円、プラスカラーS環6個で718円ね。φ4mmだと80円/mでした。手芸屋さんのロープは調べてないのでわからない。カラーバリエーションは手芸屋さんのほうが多いかも。

ブレスレット1個分の材料は、今回作ったのが「平編み」ってやつなんですけどそれだとロープ1m×2本とS環1個なので、材料原価は240円くらいかな。

平編みブレスレットの作り方

平編みはツートンカラーのほうが説明しやすいのでサンプルはとりあえず青とピンクで。長さは1mずつでいいはずなんだけど、念のため切らずに長いまま編んだほうが安心かな。

パラコードブレスレットの作り方003

まずはS環にロープ2本を通し、両方とも先端を20cm~22cmくらい出します。これもやってみてわかりましたが22cmだと結構仕上がりがデカい。たぶんマッチョな男性でも巻けるサイズ。女性向けなら19cmくらいでも大丈夫じゃないかな。

パラコードブレスレットの作り方004

長さを決めて出したほうが「芯」になる部分です。実際に編むのはそれ以外の長いほう(1mでカットしてたら残りの80cmくらいのほう)ね。

パラコードブレスレットの作り方005

青とピンク、どちらか一方着目する方を決めます。今回はピンクにしましょうか。着目したほうを必ず芯線の上を通過し、反対のロープの輪を上から下にくぐるように編みます。

逆に青いほうは必ず芯線の下を通し、ピンクのロープの輪を下から上に通過させます。

パラコードブレスレットの作り方006

お互い輪を通したらそのまま引っ張って結び目にします。

パラコードブレスレットの作り方007

2つ目以降も編みロープが左右入れ替わっても必ず着目した方(今回はピンク)が芯線の上、逆のが芯線の下から輪をくぐるように編んでいきましょう。

なれたら考えなくてもできるようにはなると思いますけど、最初ははっきり色の違うのにしたほうがわかりやすくていいですね。

これをずっと繰り返すだけなので特に難しいこともないんですけど

パラコードブレスレットの作り方008

結び目のコブを作る度に通したロープをしっかり引っ張り

パラコードブレスレットの作り方009

留め具をつかんで芯線を引っ張るようにすると均等にきれいな編み目になるみたいですね。

パラコードブレスレットの作り方010

芯線22cmでスタートすると左右それぞれ17目(つまり34回編む)、20cmでスタートすると14~15目(28~30編)くらいで芯線の残りが5cm前後になると思いますのでここでストップ。

編ロープは5mmくらい残してカット、で編みロープ端末の入ってる目をちょっとほぐしてそこに一緒に芯線の端末を差し込み、炎で焼き固めたら完成です!

パラコードブレスレットの作り方011

ナイロンロープは燃えやすいので引火には十分注意して。私はチャッカマンであぶりましたが、炎が直接触るほど近づけると煤と焦げで黒くなってかっこ悪いし危ないです。

ちょっと炎から外れたところでじわっと熱しましょう。蝋燭固定してやったほうが両手自由で安全に作業できるかもしれません。はんだごて持ってたらそれでジュッってやってもいいかも。

パラコードブレスレットの作り方012

このカラーでおっさんの手サンプルで申し訳ない!私の手首めちゃ細いんで22cm17目だとだいぶ余っちゃいました。このあといったん2目解いて長さ調整しました。

慣れると平編み1本で15~20分あれば作れるようになりますね。

おまけの四つ編み

これもうちょい簡単な編み方。普通の四編みです。留め具に2本通して絡ませるまでは同じ。長さは平編みの時より1,2cm長いほうがいいかな。

パラコードブレスレットの作り方013

2×2本順次全部編むのでこのパターンは長さそろえて最初にカットしてOKです。あ、カット口はほつれないように焼結してね。

パラコードブレスレットの作り方014

左端のロープを中2本の下をくぐし、右端のロープの上をまたぐ。

パラコードブレスレットの作り方015

そうすると1本ずれることになるのでまた左端のをとって中2本の下をくぐし右端のロープの上を…というのを最後の止め輪作る長さ残して繰り返し。最後目に編みこんで焼結するのは同じっす。

仕上がりがだいぶ細めなので平編みのゴツい感苦手な方はこちらで。

参考になるページなど

作り方はわりといろんなとこにありましたー。

パラコード編み 超簡単なブレスレットの編み方・作り方(図解)

パラコードの編み方 / 初心者の為のパラコードブレスレット/コブラステッチ

マックスのパラコードブレスレットをつくったよ | Kate & Nancy

編み方も様々。色の組み合わせでバリエーションもアクセサリーとして面白いし、留め具はメッキのシャックル使ったりワンタッチのプラスチックバックルのもあります(ワンタッチバックルのは脱着しやすい)。キラキラ系のデコをしてる人もいるようです。

円環にしないでまっすぐなままキーチェーンの代わりにも使えそうですし、時計やコンパスのベルトとして腕に巻くのはアウトドアっぽくてなんか良いので、カーキとベージュのツートンで自分用にそんなのも一つ作ってみたいなーと思ったりしてます。

いずれにしてもいろんなパターンが考えられそうですので、夏休みの自由研究ネタの一つとして子供と一緒に作ったりしてみるのはいかがですか?んじゃまたー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク