ちょっとカッコいいREVIVE RX-78-2 ガンダム、やっと完成しました。

前回記事でめでたく完了しました1/144 HGUC REVIVE RX-78-2ガンダム、完成品ギャラリー記事でございます。

ギャラリーと言ってもiPhoneで撮りっぱなしなのは許してくださいな。腕がないのでデジイチで撮ってもさほど変わらんのです。

制作の簡単な解説と製作記事リンクは最後の方で。ではごゆっくりご覧ください。

スポンサーリンク

standing/black back







standing/white back



with beam rifle/black back




with beam rifle/white back




with bazooka/black back





with bazooka/white back


with beam saver/black back











with beam saver/white back







カラーレシピなど

  • 青~コバルトブルー8:スカイブルー6:モンザレッド1
  • 赤~モンザレッド14:ホワイト6:スカイブルー1
  • 白/グレー(ボディ色)~ホワイト10:ニュートラルグレー2:クリアブルー1
  • 黄色~オレンジイエロー1:ホワイト1
  • グレー(武器・関節色)~ブラック1:ニュートラルグレー1
  • ウォッシング1~黒1:クリアブルー:1:すみれ色1
  • ウォッシング2~すみれ色単色
  • ハイライト~タミヤウェザリングマスターH(フィギュア用2)

下地処理、基本塗装およびウェザリング的なものについては以下の記事で詳しく解説しています。

REVIVE RX-78-2 ガンダムをちょっとカッコよく作ろう! 11 – 56DOC BLOG

REVIVE RX-78-2 ガンダムをちょっとカッコよく作ろう! 13 – 56DOC BLOG

REVIVE RX-78-2 ガンダムをちょっとカッコよく作ろう! 14 – 56DOC BLOG

塗装はすべてアクリジョンで行っています。塗装の下地はグンゼの缶サフ1,000番、基本塗装+デカール後にラッカーのフラットクリア層を1層挟んでます。

改修点など

主な改修点は以下の通り。

後はめは基本的に塗装の都合でやってます。必要なければなしでいいものです。ランドセル以外はいわゆるディティールアップ(と言う名の装飾)はほとんどやってません。

どちらかと言うと体形のバランスを自分の好みに調整できるかどうかの方が大事だと思います。REVIVEガンダムはスリムでヒーロー体形というか平成ガンダム体形なので、胸・腰のボリュームを若干増して、無印ガンダムのアニメで見てた時の印象に近づけるようにしました。

ただし各レビューで指摘されていた腰の細さについては手を加えていません。真正面から見ると確かに細いのですが、斜めから見ると(私の好みでは)丁度いいバランスになっているのです。ここを幅増ししてしまうと、もうほとんど旧HGUCと同じになってしまいますので…

あと、ランドセルだけ弄ったのは、ほらアレですよ。年代的にMSVリアルタイムで通過してきている世代なのでお察し頂ければ。

キットレビューなど

購入時にキット素体のレビュー記事書いてます。作戦検討の参考にどうぞ。

帰ってきたHGUCガンダム、RX-78-2 REVIVE開封の儀&ランナーレビューだよー! – 56DOC BLOG

HGUC RX-78ガンダム[REVIVE版] 組立レビューで作戦会議だ – 56DOC BLOG

HGUC RX-78ガンダム[REVIVE版] 旧版と並べて比較レビューだよ【ニコイチ作戦会議向け】 – 56DOC BLOG

まとめ

1年以上かけてまたーり作ってきたREVIVEガンダム、いかがだったでしょうか。かけた時間ほどたいそうな工作も塗装もしてなくて申し訳ない。仕事と家庭の雑事とプラモ以外の趣味の狭間でチマチマやってるんでこんなもんでしょう。

次なに作りましょうか。春先にレビューしたグフもあるし、何年も塗装待ちで放置されてるダブルオーもあるし。

仕事も繁忙期に入るのでプラモネタもまたしばらくお休みになると思いますが、再開した際にはあらためてお付き合いのほどを。んじゃまた。

2016/11/07【追記】

模型・プラモデル投稿コミュニティ MG-モデラーズギャラリーのほうに投稿してみました。

気に入っていただけたら投票してもらえると嬉しいでーす。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク