2017年6月 増毛ジギング釣果など

6月17日の夜~18日朝にかけていつもの如く増毛でショアジギングやってきました。

結果から言うと、港内でヒラメ釣れてる実績あるだけにちょっと寂しい釣果…まボウズでなかっただけ良いですが。

20170618増毛釣果000

スポンサーリンク

とりあえず釣果報告など

21時半くらいに現地着、さっそく例のベイトタックルで赤灯台の防波堤の付根辺り(砕石置き場付近)で様子を探っていると

20170618増毛釣果001

3投目くらいで15cmくらいのクロソイちゃん。その後10投ほどで同じようなの1匹追加で計2匹。

しばらくアタリなかったんですが30分後くらいに、そことったとたんに生命感のない重さ…ライン巻けてるので根掛ではないけど、これ完全にゴミ拾ったなー…

20170618増毛釣果002

おっ、おう、ゴミじゃない、タコェ…

この界隈はタコの漁業権設定されているのでキープしたらダメなやつね。即リリース。写真撮ってる間に猫が寄ってきたけど追い払いつつ。

その後は反応なく、0時くらいでいったん仮眠。3時前から再開し、中央岸壁の陸側、北防波堤の内側、外防波堤の外海側といろいろ探ってみましたが

20170618増毛釣果003

揚げたのはホタテの稚貝のみ。なにこれw

アタリに合わせられなかった3,4回ほどあって惜しいことしたなーと。根掛ロストが多く、ビビッて一気に合わせられませんでした…修行不足ですね。あとフックサイズも15~17号だとデカ過ぎなんかな?

私以外の釣果はというと、北防波堤、日が上がってからは投げの人たちが結構いらっしゃいまして、家族連れの方が私の釣ったのと同じくらいのソイやガヤをじゃんじゃん揚げてました。エサ釣り強い。

その他、外堤防外海側(デカいテトラで隙間もデカいので危ないとこです気を付けましょう)で60cmオーバーのアブラコ(アイナメ)をメタルジグで釣り上げるところを目の当たりにいたしまして、羨ましいことこの上ありませんでしたわ。

そういや夜明け前に中央岸壁の陸向きにevolution~fishing blog~のアスカさんとアニキさんらしき人がいたのですが小心者なので声を掛けられません。掛けられません。

9時過ぎから帰りの移動しな黄金岬、瀬越海岸、留萌港といつものコースで探っていきましたが、釣果無し。結局この日のキープは

20170618増毛釣果004

クロソイ2匹。以上。辛ぇ…

ちょっとづつ道具をそろえてくなど

話は変わりまして釣行前に買ったものなど。

20170618増毛釣果005

バッカン1,380円と水くみ反転バケツ478円。え、いままで持ってなかったのって?はい、持ってませんでした。釣った魚は発泡スチロールの箱に入れ、水くみは100均の余りで閣内バケツにスズランテープ縛って使ってました。

別に100均のバケツでも用は足りるし、発泡スチロールの箱でも魚は逃げないんですが、普通のバケツだと水面に落とした時に反転させるのがちょっと面倒なのと、発泡の箱は肩掛けひもがないので車から離れるときに不便だったので。

あと

20170618増毛釣果006

サンラインのSUPER BRAID 5 2号200m。スピニングに巻く用に。

20170618増毛釣果007

ベイトリールの方にはいままでスピニングに巻いてたよくわからんブランドの激安PEラインを巻替え。

ちなみにベイトリールにPEってバックラッシュすごそうなイメージだったけどそんなことなかったです。逆にナイロンの時の「弛んでブワっっと膨らむ」ような酷いバックラッシュはなかったなー。

着水ブレーキミスってもとりあえずライン引き出せば何とかなるレベルだったし。PEイケるのがわかったので今度はベイトの方にもSUPER BRAID 5巻いておこうっと。

これは

20170618増毛釣果008

ホームセンターでPEコーティング用に買ったフッ素樹脂入り潤滑剤。本当はCUREのドライファストルブ欲しかったんですが店頭になかったので。420ml,500円。

コーティング後は確かに滑りは良くなってる気がする…んですが、溶媒が石油系溶剤ではなく鉱物油なので揮発はすごい遅いです。釣行前日までに吹いておくのには使えますが現場では無理ゲー。溶媒がラインの樹脂を傷める様子は今のところありません。

釣行後に話は戻りまして、帰宅後は

20170618増毛釣果009

釣果を成仏させる簡単なお仕事。これ綺麗にした後だけど、ソイの血合って結構ごついね。ワタはエラの付根切ったらきれい取れたけど。魚捌くのむずいですね。

今後用意したいもの

バカげた話ですが、スピニングは4.5mの投げ竿に付けてジグ投げてます。クソ重いです。5回くらい投げたら肩ぶっ壊れます。変態ですね。

でもヒョイ投げで80mくらいライン出る(たぶん70mくらい飛んでる)ので、港の真ん中まで…という時はしょうがなくそんなことをやってます。

ですので、まともなスピニング用キャスティングロッドが欲しいです。DAIWAのジグキャスターがお手頃ですが

どうせ最初の一本は荒っぽい使いかたになるので、もっとやっすいやっすい

アルファタックルのキャスティングロッドとかサーモンロッドでもいいんじゃねぃかなーなんて思ってますたぶんガイドはFujiのだし。サーモンじゃ硬いか。

プロマリンはどうなの。誰か使ってないの。ネット上の評判は散々だけど実はサイレントマジョリティの意見はまた違うのかと。

なお今回の釣行でジグ6ロストしました。用残弾補充です。あ、フックもか。今持ちのベイトタックルはロッドが固く軽いジグ全く飛ばないので、もうジグベイト/ジグロックは40gオンリーでいいかなーという気がします。18gは投げない岸ジギングの時のみということで。

ということで6月の釣りはこれで終わり。7月も1回くらいは行きたいなーと思ってますが仕事も忙しくなってきたしどうなることやら。まずは装備の拡充と補給を済ませねば。

んじゃまたー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク