サイトの表示速度がGoogleの評価に影響するだって?

すしぱくsusipakuさんのブログ覗いたらサイトの表示速度に関する記事がありまして…いやいやこれって私の全然知らなかった話。

スポンサーリンク

あわててブログの速度を確認

とりあえず該当記事は

何をすればホームページの表示速度が向上されるのか?検索順位にも関係する改善方法3つとチェックツールまとめ|susi-paku ブログ

というお話でまずはそちらを読んでいただいて。

でその冒頭で

ホームページの表示速度がGoogle の検索順位に関係してきているようで、SEO関連はもちろん、Web制作サイドでも重要な事柄となっております。

などという書き出しにすっかりおびやかされてしまったドクさんはさっそく当ブログの表示速度をチェック。結果は

WebPagetest Test Result – Dulles : blog.56doc.net/ – 07/11/12 00:03:33

WebPagetest Test Details – Dulles : blog.56doc.net/ – 07/11/12 00:03:33

こんな感じでございます。

おおむね足引張ってるのがソーシャルボタン関係。ソーシャルボタンは忍者おまとめボタンってサービス使ってるんですが…

それ自体が足引張ってると言うかそっから先のはてぶなりG+なりツイッターなりにアクセスしてデータダウンロードするのに時間がかかってるようです。ちょっと手のつけようがないのかなぁ、このいったところは。

あと画像ファイルの読み込みにもそこそこ時間がかかっているようです(bfile.56doc.netからのダウンロード)。

安いレンサバにデータ置いてるので同居が多ければアクセスに時間かかるし、データサイズが大きければもちろんダウンロードにも時間がかかります。

この辺りなら負荷かけてもへこたれないサーバにデータ移すとか、あるいは画像データのサイズ自体を見直すくらいのことは出来そうですね。私わりとPNGで保存してるものが多いので、用途でJPGときちんと使い分けるとかその上で圧縮率高く設定するとか多少の対策は出来そうな気もします。

といっても今すぐ劇的に改善するアレでも無さそうなのでとりあえずは様子見です。画像サイズのことは今後の新記事についてはもう少し見直してみましょう。

いずれにしても読み込み完了に時間がかかってるようではせっかく記事読みに来てくれる人も待ちくたびれて離脱してしまいがちですね。

普段あまり気にすることじゃないかもしれませんがウェブサイトやブログ運営してる人は一度速度確認してみてはいかがでしょうか。

WebPagetest – Website Performance and Optimization Test

こちらで自サイトのURL入れて左側の黄色い「START TEST」をポチッと押すだけです。それ以外のテストサイトも冒頭のすしぱくさんの記事でたくさん紹介されてるので参考にしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、Googleでサイトの表示速度がどう評価されるかはちょっと古いですが

Google、ついにサイトの表示速度を検索順位に影響開始! | SEO Japan

という記事もありますのでこちらもご一読を。ではまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク