宇宙一わかりやすくホワイトソースの作り方を解説しますょ

ホワイトソースって手作りする人どれくらいいるのかわかんないけどこれ出来るとシチューとかカレーとかも自由自在なのね。覚えておくと何かと便利だと思います。

スポンサーリンク

材料

早速材料から。

    バター:15g

  • 薄力粉:おおさじ1.5

  • 牛乳:150cc

  • 塩:少々

  • こしょう:少々

  • 全部15なので覚えやすいでしょ。基本的に家にあるようなものだけで出来ちゃいます。

    作りかた

    基本フライパン一丁と木べらなので道具類の説明は割愛。


    中火でフライパンを予熱しバターを入れます。溶けたら小麦粉も全量入れ、牛乳をほんのちょっと(10CCあるかないか)だけ加えます。牛乳は絶対に入れすぎないように!


    バター・小麦粉・牛乳を練るように混ぜます。写真見るとわかると思いますがかなり団子状です。ひとまとまりになったら火を弱火にします。小麦粉の粒っぽさがなくなるくらい均一になるまで練りましょう。先の行程で牛乳を入れすぎるとこれがうまく行かずダマが残ってしまうのです…




    一度均一に練ると後は残りの牛乳で伸ばしていくだけです。20~30CCほど加えては混ぜ、また牛乳を加えて…を繰り返し最終的に牛乳全量を加えます。この間火はずっと弱火で良いです。

    最後に塩・こしょうを軽く振って味を調えたら完成です!

    ちょっとしたオマケ

    こうして出来上がったホワイトソースはなんにでも使えちゃうんですが、今回は荒みじんのタマネギ加えて秋鮭にのせてみました。


    タマネギは半分に切ったものを横に切れ目を入れ(ただし一番端だけは繋がったまま)さらに直角に切っていくと荒みじんになります。更に細かくしたいときはこれを包丁でトントン切っていくと楽にみじん切りができますね。


    今回の分量のホワイトソースに更に牛乳100ccほどで伸ばし、タマネギを加えてじっくり弱火で炒めました。

    さすがにこの時期の鮭は油が載ってておいしいなぁ…

    まとめ

    最後のオマケのように焼き魚にあわせても良いですし、牛乳で伸ばしてゆで野菜加えればシチューにもなります(コンソメと塩胡椒で味の濃さを調整)。伸ばしてカレースパイス加えればもちろん洋風カレーにもなりますよ。

    パック入りのルーももちろん便利ですが、これをベースに自分流のカレーやシチュー作れるようになったらちょっと嬉しいですし、一人分とか二人分ぐらいの少量でも用意できるので覚えておいて損はないですね。んじゃまた。

    >

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク