ツイッタラーのみなさん、警視庁が募集してるのでぜひ

承太郎さんといえばオラオラ、詐欺といえばオレオレ。小心者で気が小さいのでいつもオロオロしてるゴロドクさんです、どうも。

さて今日はIT犯罪操作…もとい捜査に素晴らしく力を発揮されている警視庁殿より入電したこんなお知らせのご紹介。

スポンサーリンク

まずは名前だ、話はそれからだ

募集の内容は以下の通り。

「振り込め詐欺」の新名称募集について

趣旨

振り込め詐欺は、約7割が現金を手渡しによりだまし取る犯行で、「振り込め詐欺」という名称が犯罪の実態を的確に表現できていません。

また、振り込め詐欺は、被害者を不安にしパニックに陥らせることで犯人のコントロール下に置く犯行です。

そこで、被害者をパニックに陥れることを直感的に理解することができる新たな名称案を公募します。

新名称の要件

  1. 現金をだまし取る方法が振り込みに限らないことが理解できること
  2. 被害者を不安にしパニックに陥らせるものであることが直感的に理解できること
  3. 高齢者にも理解できる語句を用いること
  4. 公序良俗に反しない表現であること

応募方法

郵送又はツイッター

締め切り

平成25年4月10日(水)の消印(送信)分まで

その他

審査の結果、優秀作品3点の作者に記念品を贈呈します。ツイッターにより応募された作品の場合は、作者のアカウントを当本部のアカウントから一時的にフォローし、ダイレクトメッセージにより住所、郵便番号、氏名、電話番号をお伺いして記念品の発送を行います。

元記事はコチラ

ちなみにツイッター垢でも募集告知ポスト流れてました。

ほら、某踊る刑事ドラマなんかで所轄管理職が一生懸命戒名(特別捜査本部を指す隠語らしい。特別捜査本部事件の多くが殺人事件で、死者に付けるのが戒名だかららしい)考えたりしてるじゃないですか。ああいうのネタだろうと思ってたんですけど、詐欺の手口に名前付けるのも本気だす警視庁のやる気侮れないです。

で、こういうのに「そんなこと考えてるヒマあるんなら真面目に捜査しろゴラァ」とかいう批判が大いに殺到するのが予想されますがマジレスするのは無粋なので、皆さんも参加して楽しまれるのが良いと思います。

せっかくなので私も一つTLに放り込んでおきましたよ。

というわけでハッシュタグ #振り込め詐欺新名称ではこれから安定の大喜利大会が始まると思いますので皆さんお見逃しな…あ電話だ。「え、じいちゃん?久しぶりだねどうし…え?身に覚えのない商品の請求書が来た?…150万!?いやちょっとま…いやわかった、ちょっと会社の帰りにお金おろして家に行…え?だれ?違う人に渡すの…うん、わかったその喫茶店に行って待ってる人に渡せば良いのね…」

んじゃ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク