hihumiで極上の「わたかき氷」を堪能してきたよ

日曜日は炎天下のレースでした。つっても2kmなんですけどね。はい、娘のマラソン大会でした。アップ2kmとレース2kmで本人もくたばりましたがおとんの伴走もなかなか死にました。40代怖いなー。

結果ですが同じ競技クラス22人出走の5位ですからかなり頑張りました!全体的に下りコースでタイム出やすいとはいえ、この猛暑(アスファルトの照り返しがマジ地獄)で8分26秒/2kmは彼女的にはかなりの好タイムです。

というわけで頑張ったご褒美においしいかき氷屋さんに行くことに。私は完全に便乗で申し訳ない。

hihumiの極上かき氷000

スポンサーリンク

もはや氷ではない、冷たい綿菓子だこれは

お邪魔したのはこちらのお店。

hihumiの極上かき氷001

場所は北海道旭川市5条通10-952 朝日プラザ旭川5条通1F。

地元の人しかわからんと思いますが警察署とか市役所とか東高とかあの辺の界隈です。看板が小さく、ビルの1Fなので知らないとうっかり通り過ぎちゃうかも。氷ののぼり?を目印に。

hihumiの極上かき氷002

レギュラーメニューのなんとかミルクが700円くらい?まぁまぁ高い。宮崎マンゴー1,300円食べたかったけどこの日はやってなかったです。材料入荷した時だけね。

hihumiの極上かき氷003

いちごミルクと抹茶ミルク頼んで3人で食べることに。お店の中はオサレな感じでした。奥さんと娘はニコニコしすぎなので隠してます!

堰は2,3人掛けが5卓くらいなので10人ちょっと入ったらいっぱいいっぱい。我が家が入った後に店外待ちが2,3組いたので結構人気のお店なのかなー。

注文して5分くらいで

hihumiの極上かき氷004

はいまずいちごミルク来ました。でかい!私のげんこつ4つよりも大きい。

かかってるのはしゃばしゃばいちごシロップじゃないですよー、めっちゃ果肉感たっぷりでいちご味が濃厚なソース、これは美味い。

素材の酸味と練乳の甘味のバランスが絶妙、そして氷が全然氷感というか塊感なくて口に入れた瞬間にとろけるの。こんなかき氷、私は今まで食べたことなかったな。本当に冷たい綿菓子食べてる感じだもん。

ミルクは下のほうに入ってます。これ上からジャバかけしたらきっと氷のふわふわ感が台無しになってしまうんでしょうねぇ。

お次は抹茶ミルク。

hihumiの極上かき氷005

茶の香りが濃厚で苦みもしっかりしてるけど全然嫌な苦みじゃないんですよ。渋くないし。これ「抹茶味」じゃなくてちゃんと抹茶で作ってるっぽいな。練乳コンボで子供でもきっと好きになる味ですね。

ちなみに

hihumiの極上かき氷006

ミルクもうちょっと足したいときはピッチャーで持ってきてくれますよ。

hihumiの極上かき氷007

食後には暖かい焙じ茶が。氷感全然ないからこんだけのボリューム食べてもおでこキンキンに痛くなったりはしないですけど、ちょっと冷えたおなかにうれしいサービスです。うちは次のお客さん待ってたのでお茶もらってそのままお店出ましたけどね。

これで700円なら全然ありだと思います。結構な贅沢仕様で素材がものすごく活きてて、シャーベットに果汁味のだだ甘シロップかけただけのその辺のかき氷とはひと味もふた味も違います。金出して食ったものめったに褒めないごろどくさんが言うのだから間違いありません。

ちなみに娘と奥さんは前にも来たことあってキャラメルミルク食べたって言ってました。これも食べてみたいし、なによりこの日欠品してた宮崎マンゴーですね。ぜひ次回はリベンジしたいです。暑いうちにもっかい行くぞ。んじゃまたー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク