新クラウドサービス「PHP APPS」が最強の無料ブログサービスになりそうな件

無料のブログサービスといえばアメブロやFC2、bloggerなどが有名です。かくいう私も忍者ブログの無料レンタルシステムを利用して当ブログを運営しています。

多くの人がこれらのメジャー系無料ブログサービスを利用していると思いますが、ここへ来て新たな無料ブログサービスが誕生しました。これはもしかしたら最強になるかもしれない。

スポンサーリンク

ネットオウルがphpアプリケーションの無料クラウドサービスを開始

まずはニュース記事で概要を。

WordPressなどPHPアプリを無料で利用できるクラウドサービス、ネットオウルが提供開始

ネットオウルは2012年10月17日、オープンソースのブログプラットフォーム「WordPress」などのPHPアプリケーションを無料(広告表示付き)で利用できるクラウドサービス「PHP APPS」(写真)を提供開始した。サーバー構築や運用の知識を必要とせず、簡単なフォームを埋めるだけですぐに利用可能な簡便さなどを売りとしている。

サービス開始時点では、WordPressおよびオープンソースのWebコミュニケーションツール「PukiWiki」の二つのPHPアプリケーションを用意。コンテンツのアップロードなどに利用できるディスク容量は1Gバイト、データベースは100Mバイトまで利用可能となっている。PHP APPS側で用意したドメイン名の他に、ユーザーが手持ちの独自ドメイン名も使える。

WordPressはユーザーによるカスタマイズに対応し、プラグインの追加や独自のテーマなども利用可能となっている。PukiWikiでは、専用の管理画面および専用スキンを用意することにより、簡単に設定変更ができるように工夫しているという。

上記無料プランに加えて、月額315円の「プレミアムプラン」も用意する。プレミアムプランでは広告が非表示になるほか、利用可能なディスク容量が10Gバイト、データベース容量も最大500Mバイトへと増量される。

元記事はコチラ

ネットオウルはもともとレンタルサーバー事業やドメイン取得代行サービスを行っており、私もブログのデータ置き場にサーバーレンタルしたりスタードメインで独自ドメイン取得したりしていました。

新たに開始されたPHP APPSは無料でPHPアプリケーションが利用できるようになるというものでWord Pressクラウドサービスもその一つとして開始されたもので、そのほかにwikiシステムの利用なんかも出来るとのこと。

そんなわけでさっそく試しにWord Pressクラウドサービスのアカウントを取得してみました。

Word Pressフルサービスが無料、サーバーの知識は一切不要

このクラウドサービスを利用するにはネットオウルのアカウント(ネットオウルサービス利用のための共通アカウント)が必要なので、まだお持ちでない方はまずはそちらを取得してください。そちらの説明を入れると冗長になるのでちょっと割愛させてもらってPHP APPS Word Pressアカウントの取得から。

PHPアプリの無料クラウドサービス PHP APPS

こちらのページの「無料お申し込み」から申し込みページへ移動し、すでにネットオウルアカウント保有の方は2.アプリケーションのインストールから「管理ツールログイン」ボタンを押して管理ツールページに移動します。

Word PressとPukiwiki共通の管理画面ですが、Word Pressのほうの「新規インストール」ボタンを押すとさっそく登録作業に移れます。

ここで設定が必要なのは

  • アプリケーションID
  • ブログタイトル
  • メールアドレス
  • サイトアドレス

です。アプリケーションIDは管理画面ログイン時のユーザー名となるほかサイトアドレスを「初期ドメインを利用」(デフォルト)を選択すると「○○○.phpapps.jp」というサブドメイン形式でのブログアドレスにも利用できます。

またすでにオリジナルドメインを持っている人はそれを利用することもできます。

「利用規約に同意する」にチェックを入れて次に進むと確認画面に遷移します。問題なければ「確定(アプリケーションをインストール)」を押して次に進みます。

なんとこれだけで利用開始の手続きが済みました…すばらしく簡単すぎる。ちなみに初期パスワードは任意ではなくシステムからの自動発効となっております。もちろんのちに管理画面から変更も可能ですが、さし当たって必要なものなのでお忘れの無いよう気をつけましょう。

アプリケーションのインストールが完了すると先ほどの管理画面から設定の確認・変更ができます。さしあたってサイトアドレスはアプリケーションID+でデフォルトドメインで運用開始できますがこれもオリジナルドメインを取得したときに変更することができます。

無料で利用する場合でも最初から1,000MB(約1GB)の容量が割り当てられます。オプションのプレミアムプラン(有料・315円/月)では10GBに容量を増やして広告も非表示にできますが、個人ブログや中小企業・個人商店のウェブサイト作成でも無料で1GBもあれば当面は十分でしょう。

さっそくサイトアドレスにアクセスするとすでにこのようにデフォルトのWord Pressテーマで表示可能となっています。あとはどんどん記事を書いていけば良いのです。ちなみに

無料では広告の自動挿入がありますが、ページ下にわずか1行のテキスト広告が挿入されるだけです。これならデザイン考える上でもそう邪魔にならなくて良いですね。かつては忍者ブログもこんな感じだったのですが現在では300×250レクタングルの広告枠挿入が義務付けられるようになっています。アメブロやFC2でもそこそこ自動挿入のバナーや広告枠などがありますね。

ということで、無料でたったこれだけの広告挿入ならば使わない手はない、と思うのですがいかがでしょう。

ワードプレスの管理画面(ダッシュボードと呼ばれます)も先ほどのIDとパスワードで入れます。

そうすると通常通りのWP管理画面で投稿管理からフルカスタマイズまで何でもできちゃいます。

Word Pressはかなり普及したCMS(コンテンツマネジメントシステム)ですのですでに出来上がったテーマもネットで探せばたくさんあるし、機能追加のためのプラグインも豊富にあります。またそれらの解説サイト・ブログ、また一般の書籍もすでにたくさんありますよね。カスタマイズのための情報にはきっと事欠くことはないでしょう。

まとめ

あらためてポイントをまとめると

  • クラウドサービスなので別途サーバーレンタルの必要なし
  • 無料で1GBの容量を利用できるブログサービス(有料オプションで増量可)
  • 広告はテキスト1行のみ(有料オプションで非表示可)
  • Word Press手動インストール作業が一切不要
  • システムがWord Pressなので既成のテーマやプラグインツールが豊富
  • Word PressゆえHTML/CSSのフルカスタマイズが可能で自由にデザインできる
  • またそのカスタマイズのための情報がネットに潤沢にあり調べやすい

このような利点があります。どの無料ブログサービスも一長一短あって目立つ広告の挿入があったり独自システムのためデザインのカスタマイズ性に制約があったり、なんだったらJavaScriptの使用すら許されないこともままあります。またマイナーなサービスでは広告や制限はないけど割り当て容量が極端に少なかったりもします。

PHP APPSも無料版だけで完璧なサービス…とはいわないですが、最大公約数的な意味ではこれほど自由に使えるところはなかなかないのではないでしょうか。

まだ始まったばかりでホストサーバの処理能力云々(障害の発生率やアクセススピード)はしばらく運用してみないと見えないところもありますが、全般的には期待値はかなり高そうなので、一般の無料ブログサービスで物足りなくなった人、これからブログ始めてみたいけどどうすれば…という人には有力な選択肢になると思うので試してみてはいかがでしょうか。

んじゃまた。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク