モバイルフレンドリー後の広告最適化とポリシーチェック、忘れてません?

暑い。ひたすら暑い。北海道なのに暑い。対人恐怖症かつ夏の気温のせいで汗が止まらないごろどくですどうも。

4月のGoogle検索結果のモバイルフレンドリー対応から約3か月経って皆さんのブロガーの皆さんの対応もぼちぼちひと段落してる頃でしょうか。

これに関連してAdSenseもちょっとした注意をしておかなければならないことがあるんですがすっかりそんなこと頭から抜けてまして、昨日ようやく当ブログも調整しました。要点だけメモっておきますのでご存じない方は一読していただければ。

スポンサーリンク

広告通ればコンテンツひっこむ

モバイルフレンドリー云々に関しては私も以前に記事を書いてますのでそちらも参考に。

ブログのデザイン変えました(もしくはデザインするのをやめました) | 56DOC BLOG

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 検索結果をもっとモバイル フレンドリーに

Google AdSenseの広告の配置に関するルールについてはみなさんご存知かとは思いますが

広告の配置に関するポリシー – AdSense ヘルプ

こちらに一般的なPC向けのページに関するものも含めて情報があります。で、モバイルサイトに関してはこの中の「適切な広告配置」-「1 ページに配置可能な広告の上限」の項目に以下のような記述がありあります。

モバイルサイトの場合は、2 つ以上の AdSense 広告を画面に同時に掲載することはできません。

レクタングル(大)やレクタングル(中)を2つ並べて配置しているのをしばしば見かけます(私も昔やってました)。これは上記のルールに反するばかりでなく、「スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやるサイト レイアウト」の項目にある

スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやるサイト レイアウトは避けてください。こうしたレイアウトは、ユーザーにとってコンテンツと広告の区別が難しくなります。

これはモバイルサイトにも適用されます。モバイルサイトの場合は、スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやるレイアウトに加えて、2 つのコンテンツ向け AdSense 広告を同じ画面に同時に掲載することも許可されません。

モバイルフレンドリー対応でコンテンツボックス幅をビューポートに合わせたのはいいけれども、そうなるとレクタングル広告が縦列になってほぼほぼ画面いっぱい2つの広告枠で埋められまったくコンテンツ本文が見えなくなる状態が発生します。

当然「スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやる」、「2 つのコンテンツ向け AdSense 広告を同じ画面に同時に掲載」のいずれにも該当してしまうので完全アウトですね。

また、モバイルフレンドリー対応してない場合にコンテンツカラムとサイドバーカラムが左右に並ぶこともありますよね。サイドバーの最上段とコンテンツの最上段(または書き出し数行の直下)にそれぞれ広告入れると、これもまた「2 つのコンテンツ向け AdSense 広告を同じ画面に同時に掲載」にひっかかりそうです。

これが「モバイルサイト」とみなされるかどうかはまた微妙な感じですが、少なくともPCの場合と同じ表示になってしまいますから、一応これも避けておいた方が無難そうです。

解決方法

モバイル表示の場合はビューポート設定してカラム落しましょう。アドセンスボックスの直列やめましょう。以上。

と、正直これだけの結論なのですが、捕捉だけしておくと、モバイル向け表示時にレクタングル広告出てくるの、あれどうです?まあ私も昨日までなんの対応もしてなかったんですけど。

これもコンテンツ全部は隠さないものの、「スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやるサイト レイアウト」にひっかかりそうな気がしないでもありません。

ですので、広告ボックスも数パターン作っておいて(もちろん一度に掲載できる広告数は制限があります)、ビューポートで配信する広告サイズを切り分けるなどの対応をするというのも一つの手です。

また、切り分けんのめんどくさいという場合は掲載する広告ユニットを「レスポンシブ広告」するということでもいいと思います。もちろん私は面倒くさいの嫌いのでこれにしてます。

レスポンシブ広告ユニットを作成する – AdSense ヘルプ

レスポンシブ広告ユニットはページのレイアウトに合わせてサイズが自動的に調整されるため、さまざまなタイプの端末(PC、携帯電話、タブレットなど)に対応できます。サイトにアクセスしたユーザーがどの端末を使っていても、適切に広告を表示することができます。

と非常に手っ取り早い対応ができるかと思います。表示広告のサイズが自動じゃ困る、PCの場合はなにがなんでもレクタングル(大)で!!!11というこだわりのある方はオプションでサイズ指定と優先順位指定もできるようです。これらのオプション設定(コード修正)については

AdSense(アドセンス)でレスポンシブ広告ユニットのカスタマイズ | EasyRamble

が詳しいです。私はやってないけど(デフォルトのオートのまま)。ちなみに当ブログ(現段階では)だと、PC表示ではバナー468×60、モバイル表示ではレクタングル(中)300×250が配信されてるみたいです。モバイルの場合にはモバイルビッグバナー320×50が配信されるかと思ったらそうでもないんですね。

ざっくり流れだけ書いておきました。これで収益が最適化されるかどうかは定かではありません。たぶんしません。が、ポリシー違反で広告配信停止になるとからいので最低限の対応だけはしておく必要はありそうです。

んじゃまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク