Tweet Deckの使い方:カラム周りの設定について

新Tweet Deck、通称青デック(と私は勝手に呼んでます)のカラム周りの設定方法を紹介します。

スポンサーリンク

カラムの設定は個別に行う

カラムに関する設定は各カラムごとに行います。設定方法はどのカラムでも同じです。全体一括設定のようなものはないようです。

カラムの設定は①の歯車アイコンを押します。押すごとに設定パネルの表示・非表示が切り替わります。

カラムの表示位置を入れ替えるには[Move Position]と書いてある両側の矢印ボタンを押します。左矢印②を押せば現在の位置より左に、右矢印を押せば右にそのカラムを移動できます。

新着のお知らせの設定は④⑤のチェックボックスで行います。④[Notification sounds]のチェックを外すと新着時のお知らせ音がならなくなり、⑤[Notification popups]のチェックを外すと新着時のポップアップが表示されなくなります。

⑥[Clear Column]を押すとそのカラムの内容がリセットされていったん全部消えます。そしてその後の新着分からのみ表示されるようになります。

⑦[Remove Column]を押すとそのカラム自体を削除します。⑥、⑦とももちろん青デック上で表示が消えるだけなので、ツイートそのものが消えるわけではありません。

誤ってカラムを消してしまった場合は、ウィンドウ左上の[+Add Column]から必要なカラムの追加を行ってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク