どこまで燃費は向上するのか。トヨタが新HVを12月に発売予定 | 56DOC BLOG

どこまで燃費は向上するのか。トヨタが新HVを12月に発売予定

ガソリン価格もさっぱり下がる気配がないので、燃費向上はありがたい話です。

スポンサーリンク

トヨタ新HV、燃費世界一…リッター35キロ

トヨタ自動車は15日、12月下旬に発売予定の小型ハイブリッド車(HV)「アクア」の燃費性能が、ガソリン1リットルあたり約35キロ・メートル(燃費測定新基準)となり、「プリウス」の32・6キロ・メートルを上回って世界最高になると発表した。

12月2日に開幕する東京モーターショーに出展する。

アクアは、世界70か国以上で販売されている小型車「ヴィッツ」がベースになっている。排気量1・5リットルのエンジンと高出力モーターを組み合わせ、これらを制御するHVシステムを小型・軽量化したのが特徴だ。海外ではプリウスの知名度を生かして「プリウスc」の名前で販売する。価格は160万~170万円になるとみられる。

(2011年11月15日14時10分 読売新聞)

元記事はコチラ。

私は同じ1.5LでVフレックスフルタイム式4WD仕様のシエンタに乗ってます。通常は前輪駆動で、前後輪の回転差が生じたときだけ四輪駆動になるらしいです。

燃費的には長距離で15km/Lくらい、冬の街乗りだと10km/L前後まで落ちます。だからアクアとかプリウスの半分しか走れないのです。ガソリン価格を考えると乗り換えたいところですがいかんせん元手がないし居住・貨物空間的にもちょっと…ミニバンサイズのHV車でたら考えますけどね。

余談ですがどうも私はこのVフレックスフルタイム式4WDってのが気に入りません。下りカーブで前後輪回転差が生じると後輪も駆動しだすので車両の後から押されるように、オーバーステア(ハンドル切ってるほうに巻き込まれる)気味にスリップしてるような気がしてなりません。ってか今朝の通勤時も峠の下りカーブでこの現象出たし、昨年は同様の現象で2mほど下に路外転落まで経験してしまいましたからねぇ…修理代10万くらいで怪我もなかったからよかったですけど。ま、前に書いたとおりスピード落として走るのが一番ですけどね。

というわけで自動車メーカーの皆さん、私が交通事故で死ぬ前に買いやすい価格帯のミニバンHV販売してくださいねー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク