自分の眼の網膜解像度を測定できるアプリがちょっと新鮮で感動した

けっこう前に「人間の視野角と矩形・解像度について考えてみた」という記事を書いて、その中で人間の眼の角解像度から逆算すると平面での解像度は350dpiくらいだよ、って話を書いたんですが、意外にこれを検索して当ブログにたどりつく人が多いみたいです。

で、先日何の気なしにiPhoneアプリを探してたら、実際に自分の眼の解像度がチェックできるというものを見つけたので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

みえる?(網膜解像度測定)LITE

今回紹介するのがコチラ。

App Store – みえる?(網膜解像度測定)LITE

これは無料アプリです。視力検査のように、指示された模様がどれなのかを順にタップしていくことで自分の網膜解像度がわかるというもの。

アプリを起動すると画面と目を30cmほど離してくださいといわれるので、その位置にiPhoneをセットします。準備が出来たら「スタート」をタップ。

開始するとご覧のように上から下にだんだんと小さくなる模様が並んで表示されます。丸囲みで読み取る場所を指示されるので、「コレと同じだな」と思うものを画面下の一覧から選んでタップします。これを何度か繰り返します。

実寸解像度だとこんな感じ。一番下のほうになるともう私の目にはただの白い点にしか見えません。目の良い人だとこれも読み取れるのかな?

これが実際に私がプレイしてみた結果。3×3pxの模様で正解率50%。ここでチェック終了で2×2pxのチェックはチャレンジすら出来ませんでしたw

以上、私の両眼での網膜解像度は約315Pixel/inchということがわかりました。ちなみに私は視力でいうと左右とも0.9ほどです。歳の割にはまぁ見えてるほうなのかな?

左右の視力差が大きい人は片目ずつ試してみると良いかもしれませんね。

ということで1回のチェックは1分ほどでお手軽にできるので皆さんも試してみると良いのではないでしょうか。

印刷系のお仕事されてる方で、知識としては知ってはいるけど印刷解像度の意味がピンとこない人は、実感としてよくわかるのでオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク