URL変更にともなうアクセス減少は避けられない

6月末より当ブログのURL変更して3週間ほど経ちました。当然移転直後のアクセス減少は避けられないとはわかってましたが、なかなか元の水準に戻るには時間がかかりそうだ、という実例の紹介を。

スポンサーリンク

移転前後3週間の推移

さっそく数字のほうの紹介。

URL変更と言っても今までのブログ(http://file.56doc.blog.shinobi.jp/)をそのままURLだけ変更したのではなく、新たにブログサービスを1つ借り(http://bfile.56doc.net/)てそちらにコンテンツをコピーし新記事はそちらで継続、旧ブログは当面そのまま残す…という形です。

詳しくは以下の記事をご覧下さい。

プロブロガー本に刺激を受け、このブログも独自ドメインに切り替えようか、などと考えているでござる

旧ブログ移転前3週間のアクセス状況

日平均945PVほどのアクセスです。

新ブログ移転後3週間のアクセス状況

で、こちらが新ブログ側の移転後3週間のアクセスで、日平均525PV。

旧ブログ移転後3週間のアクセス状況

移転後消さずにそのまま残ってる旧ブログの移転後3週間の状況ですが日平均281PV。

新ブログだけだと移転前の56%で、60%にも満たない数字。移転後の新旧ブログの合計でも806PV/日で、移転前の85%のページビューです。なかなか厳しいですね。

Google先生の扱い

一応移転対策として、旧ブログから新ブログにリダイレクトかけるようにしたり優先インデックスの指定なんかもしてるのですが。

ブログの独自ドメイン運用開始で行ったことの備忘録

ウェブサイト移転時に発生する重複コンテンツについて検索エンジン対策を施す方法

詳しい対策内容については上記の記事を読んでください。

それでもまだブログタイトル(の一部)『56doc』で検索(2012年7月17日現在)をかけると旧ブログのほうが先に検索結果に表示されています。

ちなみに同日現在のGoogleページランクは新ブログが0、旧ブログが2となっております。

ページランク自体はかなり長いスパンで評価更新されるみたいなのでリアルタイムにサイトの評価を確認できるものではないと思いますが、この辺やはり影響しているような気もします。

そもそも当ブログは自演リンク0なので過去に旧URLへ被リンクを頂いているものはおそらくほぼ変更されていないでしょうから、新ブログのほうは実質被リンクが減少しているのでもあり、その辺りの評価が低ければ当然検索順位も下がる、検索順位が下がれば人の目に触れる確率も下がる、人の目に触れないと被リンクもいただけない…という若干悪循環な気もしております。

ちなみに当ブログのアクセスのメインはやはり検索経由でして、移転前は流入の実に80%近くがGoogleまたはYahooからでした。なのでこれは結構痛いです。

自演じゃないんでこの辺悩んでもしょうがないので新たな記事・コンテンツで面白いものをがんばって書いて新たに読者さんに評価していただく(=新記事へのリンクをいただく、ソーシャルで紹介していただくなど)しかないし、過去にいただいていた旧URLへの被リンクについてはあくまでリンクを貼っていただいた方のご好意ですから、移転に気づいて変更修正していただくのを気長に待つしかないんでしょうねぇ、こちらから強制するような性質のものではないですから。

まとめ

以上最近のアクセス関係の現況報告でした。

分かっちゃいるけどやっぱり数字を見ると若干へこむURL変更にともなうアクセス減少。

もう実施してしまったことなのであとは新たなコンテンツつくりに力を入れるばかりですが、やはりURL変更しないで済むならそのほうが良いと思います。

独自ドメイン取得は初期にお金がかかるので二の足を踏む人も多いと思いますが、わずか数百円~千週百円程度のコストでこうしたアクセス減少は避けられるので、やっぱり長くサイト運営や規模拡大を考えている人は最初から独自ドメインとった方が良いですね。

初めて独自ドメインでウェブサイトを運営するときに覚えておくべき基本事項

一応上の記事の中でドメイン取得とDNS設定について解説してるので参考にしていただければと思います。それではまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク