その「Windows8が嫌い」は本当に正しいのか

私の身の回り(といっても多くはSNS経由だが)の知人でWindows8の評判はすこぶる悪いようです。100人が100人ダメというわけでもないのですけどもどうにもその使い勝手の悪さに手こずり、怒りすら覚えているようです。

多くの人が苛立ちを感じているのはどうも次のようなことらしい。

スポンサーリンク

1.デスクトップが表示されない

Windows8起動直後にデスクトップ画面が表示されない、という違和感。

しかしデスクトップが表示されることそのものにはあまり意味はないのでは?旧WindowsOSがそうであったからといって、デスクトップ画面自体がユーザーに何かをなしてくれたことはこれまでもなかったはず。

そしてPCを起動する目的はデスクトップ画面を眺めるためではなく何らかのプログラムを起動したいから、でしょう。

Win8Tips記事に散見するところをみると外部シェルプログラムを導入したりレジストリを改変したりタスクマネージャを利用したり、などといった方法が紹介されていますがそこまでして起動時に自動的にデスクトップを表示することに本当に意味があるのでしょうか?

わざわざこういった多少リスキーな方法を用いなくても起動後にキーボードのWinロゴ+Dキーを押すだけでデスクトップは表示できる(以降、Winロゴキーを押すごとにデスクトップ表示とモダンUI表示のトグル動作)のです。

あるいは過去のWindowsOSでデスクトップにアイコンをたくさん並べていませんでしたか?

デスクトップはファイル置き場ではないのですから一時的に仮置きすることはあっても、ファイルはフォルダに整理しておくのが本来の姿なのではないでしょうか。

2.モダンUIの意味がわからない

モダンUIに並んでいるタイルに用途不明、もしくは要らないものがたくさんある、というもの。またモダンUI自体に意義を感じていない、というもの。

モダンUIをデスクトップに替わる何か、ととらえるとそう感じるかもしれません。あれはデスクトップの代替などではなくプログラムランチャだと思えばいいのです。

必要ないタイルはガンガン削除(多くの人は株価なんて興味ないでしょう?)して常用するプログラムのショートカットだけを登録しておけば良い。たったそれだけであなたのWindows8PCは10倍使いやすくなり、デスクトップを表示させたりスタートメニューを押してそこからアプリケーションを探す手間も要らなくなるのです。

3.スタートメニューがない

スタートメニューがないからやりたいことができない、目的のことにたどり着けない、というもの。

では今までのスタートメニューとはなんだったのか。アプリケーションを起動させるか、エクスプローラーでドライブを開くか、コントロールパネルで設定をするか。「スタートメニューを押す」理由のほとんどはそれらではないでしょうか。

アプリケーションの起動は先に書いたとおりモダンUIのカスタマイズで旧OS以上に楽になるはず。

デバイスやプログラム、OSの設定はCTRL+Cでチャームを開けば良いしドライブの中身にアクセスしたければWinロゴキー+Eを押せば良いのです。

そもそも今までのようにマウスオペレーションでスタートメニューを介して全ての操作をする、ということが本当に効率的で便利だったのかどうか。そこを疑う必要もあるのではないでしょうか。

少なくとも今のところ私自身は外部プログラムなどを導入してスタートメニューを復活させようという気には全くなれません。

4.電源の切り方がわからない

スタートメニューの廃止にともなって挙げられるのが「電源の切り方がわからない」というもの。

方法はいろいろ有って以前にも

Windows8のシャットダウン5つの方法

で書いた通りなのですが、もっとも手っ取り早いのはAlt+F4で直接シャットダウンメニューを呼び出せばよい、それだけです。

5.アプリの切り替え方がよくわからない

杞憂です。従来のデスクトップアプリもモダンアプリもALT+tabで切り替えられます。これは今も昔も変わらない。今までタスクバー上でアプリケーションの切り替えなんてしてなかったはず。

6.それでもどうしてもWindows8に馴染めないあなたへ

世の中にはMacというものがあることはすでにご存知ですよね?

Mac!Mac!Mac!~求めよ、さらば与えられん

まとめ

すみません最後のはネタです。私は別にMicroSoft信者でも(もちろんMacのエヴァンジェリストでも)なんでもありませんが、悪評ばかり聞くWindows8を実際に導入してみてなんの違和感もなく使えている人の内の一人です。

変わった、変わった、使い方がよくわからないとよく言われていますが、むしろ95時代からUIの原型が17年もほぼ変わらずそのまんま来てたほうが異常というか不思議です。

OSの機能の根幹が変わったわけではないし、Windows8に対する恐れ、怒りというのはただ単に表層の慣れの問題だけなのではないでしょうか。

少なくとも私の環境においては旧OS向けのアプリケーションをインストールしても問題なく使えてますし、PC自体の起動も終了も早くなりました(古いPCなので余計そう感じるのでしょう)。

そう遠くはないであろう将来サポートから外れることの分かっているOSをいつまでも使い続けることには無理があるとも思っています。

そんなわけでさし当たってWindows8導入に二の足を踏んでいる人、そんなにビビらなくても大丈夫だと思いますよ。

んじゃまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク