宇宙一分かりやすくフレンチクルーラーの作り方を解説しますょ

甘いもの大好きごろどくさんですどうも。虫歯と高血糖と闘うために自分は生まれてきたのだと確信する今日この頃です。

こないだのシュークリームレシピとほとんど同じネタでフレンチクルーラー作れるんですけど知ってました?簡単にですけど解説しまーす。

スポンサーリンク

材料

  • 薄力粉:65g
  • バター(有塩):55g
  • 水:80cc
  • 鶏卵:L玉2個~S玉3個
  • バニラエッセンス:数滴

これでだいたい12個分くらいの材料になると思います。

シュークリームの時とほぼ同じですが牛乳なしでその分水に替えた分量でいいです。あと薄力粉とバターは若干多めです。本当に、ほんの気持ちだけシュー生地より固めにしたかったので。同じ分量でも大丈夫ですけどね。

作り方

水・バター全量と、それに薄力粉のうち小さじ1だけ入れたものをレンチンします。600Wで3分。

レンチンしてる間に溶いた卵にバニラエッセンス数滴を加え混ぜます。

レンジから取り出した水バター液(一旦グツグツ沸いたと思います)に残りの薄力粉全量を加えてサササと一纏めにします。

まとまったら再度レンジに入れ600Wで30秒加熱>混ぜる、というのを2ターン繰り返します。

そこへ卵を加えていきます。固さの加減はシュー生地の時のを参考に。これと同じか若干固めが良いと思います。なので良い固さになったら溶き卵は全部使わないこともあります。写真がブレブレで申し訳ない…

クッキングシートを幅と同じ長さの正方形で切り(写真のように三角作って測るとラクです)、四つ切りにします。この四つ切を12枚分ほど用意。

絞り袋に星形の口をつけ絞ります。丸口でも別にいいですが縞があるほうが見た目の雰囲気的に若干いいかなと。ただしミスドのフレンチクルーラーのような模様はできません。あれ型に入れて揚げ油に落としてますので…

そして先ほどのクッキングシートの上へ直径5cm位の輪になるよう絞ります。よりふっくら感を出したい時は直径を縮めて太さを太くする、または2段重ねで絞る等するといいですよ。

180°の油へシートを上にして入れます。170°だとちょっと温度低く、ふくらみがイマイチでした。

1分もしないうちに生地が膨らんでシートごと持ち上がってくると思います。そしたらシートごとひっくり返します。数秒でシートが生地から離れるようになるのでこれは取り出してしまいます。ひっくり返して30~40秒(大きいブクブクが出なくなる)くらいしたら再度表>裏と10~20秒くらい揚げて小気泡しかでなくなってたらしっかり揚がってますからこれを目安に取り上げ油を切ります。

まとめ

こうしてフレンチクルーラー本体は出来上がり。

材料にある通り甘味は入ってませんのでグラニュー糖とか粉糖をかけるのが一番手っ取り早い食べ方だと思います。粉糖を少量の湯で溶いてレモン汁加えたらアイシングになるのでこれでコーティングしてもよし、板チョコ湯煎してこれに漬けるのもいいんじゃないでしょうか。

本体が簡単に作れる分デコレーションにこだわるのも楽しいかもしれませんね。

んじゃまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク