今見ているページのリンクを作成するブックマークレットをchrome拡張 に替えたら格段に便利になった件

ブログ記事書いてると紹介リンクのアンカータグ書くことは頻繁にあると思うのですが、ソースベタ書きしたりブラウザのURL欄コピペして、タイトルもコピペして…とやってるとエライ手間です。

そういった煩雑さを少しでも減らすためのツール紹介です。

スポンサーリンク

リンクタグを作成するブックマークレット

まずは私が今までリンクタグを作るのに使ってたブックマークレットです。

ブラウザでブックマーク適当につくって以下のソースをURL欄にコピペしてください。


javascript:
var url=location.href;
var title=document.title;
var linkTag ='<a href="'+url+'">'+title+'</a>'; var x = prompt('',linkTag);

もしくはこんな感じ。


javascript:
var url=location.href;
var title=document.title;
var linkTag ='<a href="'+url+'" target="_blank">'+title+'</a>';var x = prompt('',linkTag);

基本動作としてはリンク作成したいページ閲覧中にブックマークとポチッとするとダイアログが現れてタイトル入りのアンカータグが表示されるというものです。表示されたものをコピーしてブログ記事なんかに突っ込んでました。

2つのソースの違いはアンカークリックで同じウィンドウ(またはタブ)で開くか、新しいのを開く(target="_blank&quot)かというところだけです。

とりあえずどんなブラウザでも汎用的に使える方法だと思います。

Create Link

このブックマークレット使ってもそこそこ生産性は上がるんですけど、やっぱりブックマークポチ→ダイアログからコピー→テキストエディタペースト、ってのも数あると面倒っちゃ面倒。

この3アクションを2アクションに減らすためにこんなChrome拡張をインスコしてみました。

Chrome ウェブストア – Create Link

インストールするとChromeのURL欄横にボタンができまして、ここをクリックするとメニューが表示され各リンクを自動的にクリップボードに保存するようになります。

通常はデフォルトで入ってる「HTML」ってのでアンカータグ生成されます。ターゲットは現ウィンドウです。

アンカーテキストは、あらかじめページ内のテキストを反転選択していればそれを、なければページタイトルから自動で拾います。

そのほかデフォでプレーンテキストとかメディアwiki形式も選べたりしますし、自分でカスタマイズしたコード発行もできます。メニューの「Configure…」をクリックすると

リンクフォーマットのリストが表示されます。リスト下の+-ボタンで追加・削除ができます。

ここでは「追加サンプル」という新たなフォーマットを作成しました(ターゲットにブランクを指定するパターン)。

なおフォーマットの記述方法はリスト下にあるのでこれを参照してください。

フォーマットを追加すると

このように追加したものを次回から選択できるようになります。

ちょっとした小物ツールですが、ライティングの生産性上げたいブロガーさんにはきっと役に立つと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク