小サバを美味しくいただきたいので竜田揚げにしてみた。

えー、アキアジ釣りに行ってサバ釣って帰ってくるごろどくですどうも。小サバは外道として釣れるんじゃなくて、別竿持ってって鮭釣れないときに持ち替えて釣ってます(当たり前か)。

岸壁釣りなので大きくても20cmに満たないような小サバちゃんなので、切って身を食うほどでもないから竜田揚げにしてみました。数あったらみそ煮とかにしてもいいんだけどね。

スポンサーリンク

味付けは最小限でいい

釣ってきた獲物は頭取って開き、中骨を削ぎます。10cmくらいだと開くのも辛いからリリースが良いと思います。もしくはワタだけ取って丸ごと食うというのもアリと言えばアリ。

普通に腹開いちゃったけど背開きのほうが綺麗に開けるかも。

漬けダレ作ります。あとでサバいれてひたひたになるくらいの醤油にチューブしょうがお好みで。

あとは酒とみりん気持ち足したくらい。それぞれ大さじ1くらいだと思う。

空気入らんようにラップして30分も置いとけば十分味付きます。

味がついたら衣ね。

粉は片栗粉のみで。全体にまんべんなく付けるには粉ごと軽く握るといいです。でしっかり粉落とすの忘れずに。

で、揚げます。

ちっちゃくて身が薄いので、皮下にしてあげると皮側に反っちゃうから、身から揚げた方が見た目良いかなー。

ということでこれがこの日の晩ご飯のおかず。庭のナスがまだなってたので、獅子唐と一緒に煮びたしも作りました。ビールもご飯も進むねぇ。

これ簡単だからキャンプ飯でもいいな?

なんか急激に好みがおっさん寄りになってきた気がする。悪い事じゃぁないとは思うけどね。んじゃまたー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク