分厚いホットケーキ&ちょここあ。 | 56DOC BLOG

分厚いホットケーキ&ちょここあ。

分厚いホットケーキの焼き方を覚えたのでチョコとココアもコンボさせてみました。意外といい感じになりました。

スポンサーリンク

あいかわらず混ぜるだけですまない

分厚いホットケーキの焼き方は前に書きました。

君たちはホットケーキミックスの本気を、まだ知らない | 56docブログ

「ホットケーキミックスの本気」ってタイトルにしたけど、どちらかと言うとクッキングシートの本気だよね。

ホットケーキミックスは相変わらずパッケージ裏の通りの分量で。ミックス100gに対し純ココア大さじ1足します。

そして牛乳を1割くらい多めにします。ミックス100gに牛乳120ccの指示なら140ccとか、それくらい。割と大雑把です。少ないよりは多めの誤差の方が良いと思います。

板チョコ1枚(50gくらい)を刻んで混ぜます。板チョコは冷蔵庫でキンキンに冷やしておくと包丁でもガリガリ砕けてすごい楽。

銘柄は何でもいいです。私は森永のミルクチョコレートが近所のスーパーで安売りしてたのでそれを入れました。

例のクッキングシートの型に7割生地入れて焼くこと約20分。こないだは3cmくらいにしたけど3.5cmまで深くしてみました。

これは失敗するかなーと思いましたが、ことのほか上手に焼けました。

ふくらみの立ち上がりも含めて4cm以上になった希ガス。これはいい。ちなみに本体黒っぽいので粉糖とかかけるとコントラスト良くなる気がします。

粉糖の在庫が我が家になかったのでなんちゃって粉糖を自作。砂糖3に対して片栗粉1の割合で調合、割ってない割り箸のお尻でガーっっと混ぜたり突いたりします。

写真左が普通の砂糖で右がなんちゃって粉糖。多少は目が細かくなってます。フードプロセッサーで砕いたらもっと売り物みたいに細かくなります。

粉糖は冷めてからかけましょう。私は勢いで暖かいうちにかけて、溶けてしまいました。

チョコもでろでろに溶けずチョコ感残りました。見た目もマーブルっぽくなって良かったよ。

という、おっさんが自分のために作る、夜食的チョコケーキの作り方でした。これでバレンタインはしのげないと思います。念のため。

んじゃまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク