ジョジョのムック本10月5日発売 になるそうです | 56DOC BLOG

ジョジョのムック本10月5日発売 になるそうです

メジャーマイナー路線を貫き続ける荒木飛呂彦センセの新刊情報。ジョジョのムック本です。

今日はあたらしいiPhone発表情報(9/12発表らしい。名前はiPhne5になるらしい)で騒いでるみたいなんですが私にとってはコチラのほうが優先して書くべき記事です。もちろん。

スポンサーリンク

ジョジョメノンというとギリシャ神話のカミサマっぽい

SPURから荒木飛呂彦責任編集のムック「ジョジョメノン」、10月5日に発売!

いまシュプールはマンガ家荒木飛呂彦さんと一緒に雑誌を作っています。荒木先生とは『SPUR』2011年10月号に掲載した短編「岸辺露伴 グッチへ行く」以来の縁ですが、いま作っているのは『ジョジョの奇妙な冒険』連載25周年を記念した、一冊の“奇妙な”ムックです。

ムックのタイトルはずばり『JOJOmenon(ジョジョメノン)』!
 当初は『JOJO SPUR』のようなわかりやすい仮タイトルで進行していましたが、この飛ばしたネーミングも荒木飛呂彦責任編集だからこそ。もちろんタイトルだけでなく、中身も予想の“斜め上”を行く特集が満載です。

  • 表紙は荒木飛呂彦自身の“夢”を形にした描き下ろし。
  • 史上最長となるインタビューで荒木飛呂彦が語る“ジョジョの25年”!
  • 荒木&クリエイターとの対談で、ジョジョの魅力に迫る。
  • なんと、よしもとばななさんがジョジョにオマージュを捧げた小説を特別寄稿!
  • そのほか“奇妙な”ムックにふさわしいコンテンツが続々。
  • ジョジョ展キービジュアル&ジョジョ擬音語が付録シールに。
  • そして、伝説の短編「岸辺露伴 グッチへ行く」をフルカラー再録

現時点で公表できる内容はここまでですが、まだ他にも秘密のスペシャル企画が進行中……

発売は10月5日(金)。定価1,200円(税込)。

「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」(六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリー)オープニングの前日に、全国の書店に並びます。また有名ネット書店でもすでに予約販売がスタートしています。

このムック『JOJOmenon』の情報は、9月19日発売『ウルトラジャンプ10月号』、9月23日発売『SPUR11月号』、さらにこのSPUR.JPとSPURのツイッター(@SPUR_magazine)でも随時発表していきます。

どうぞお楽しみに!

元記事はコチラ

SPURといえば女性向け月間ファッション誌です。初夏頃の号でも荒木特集やってまして(表紙が荒木飛呂彦書き下ろしで、写真じゃない表紙は後にも先にもこの号だけ)、本誌内インタビューのほか別冊付録で「岸辺露伴 グッチへ行く」が付いてたので当然私も買いました。女性ファッション誌なんか飼ってきたからうちの奥さんなんかは「ハァ?」みたいな感じでしたけど。

今年は10月からTVアニメ開始だしJOJOスマホも発売になったし仙台・東京ではジョジョ原画展やったりとここへ来てジョジョラーいがいにも露出が一気に高まった荒木飛呂彦ですがもう50歳過ぎてますからねー。元気ですね、全然老けた感じしません。

さて気になるのは秘密のスペシャル企画です。グッズ添付なんじゃないかなと予想してますが書き下ろしポスターとかなら要らん。ファッション誌なのでアクセサリーかウェア類じゃないかななんて思ったりしてますが書籍に添付するようなもんじゃないですしねぇ。もしくは書籍購入者限定で販売とか?そんな感じでしょうか。グッチ&荒木コラボのストラップとかTシャツとかなら買ってもいいかな。

ともあれ、あと1月ほどで発売になるので平静を装いながら座して待ちましょう。どうか「ジョジョの奇妙な名言集」みたいなやっつけの残念な感じになりませんよーに。んじゃまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク