釣った川魚を手早く美味しく骨まで食べる方法

スポンサーリンク

ヤマベ・ニジマス・イワナ…どこ行っても釣れるトラウト天国北海道に住むごろどくですどうも。

いくら爆釣れるといっても数釣りは控えめにね。キープは食べる分だけ。

秋釣行記事と魚種の見分け方の記事を書きましたのでお次は食べ方で。

旭川近郊、秋の川釣り。ニジマスとヤマベを釣ってきたょ
先週末鮭釣りの予定だったのですが、義父さんとうまく日程調整できなくて1週順延となりました。 日中時間ができたのでちょっとだけ近くの川に晩御飯のおかず取りに行ってきまして、その釣果報告です。 3河川ほど回ってきていずれもいつも通り...
絶対間違えないヤマベ(ヤマメ)とニジマス幼魚の見分け方
鮭釣りに行けそうで行けないごろどくですどうも。 前のエントリでニジマスとヤマベ釣った話書いたので、知らないとわりと間違えがちなこの2魚種の見分け方を書いておこうと思います。

お次は食べ方で。小骨のうるさい川魚のイメージをなんとか覆したい。

川魚の美味しい食べ方000

スポンサーリンク

焼く?揚げる?

焼き魚は骨避けるのが大変で苦手、揚げるのはちょっとの量だと準備と片付けが大変…ではどうするか?正解は「揚げ焼」。

まず獲った魚を捌きましょう。

ウロコを取ったら腹を裂いてワタとエラを抜きます。頭がついてる方が見映えがいいし、実際頭も食べられるので取らない方向で。

ワタ取った後に油断しがちなのが血合んとこ。

川魚の美味しい食べ方001

骨に沿った血の塊(腎臓らしい)を取るのを忘れずに。焼き魚のときに特に感じますが、食べるときに生臭いのはこれが原因。

川魚の美味しい食べ方002

はい、こんな感じで骨が透けて見えるように。さらに塩をドカッとまぶして(腹の中も擦る)、表面も臭みとりしつつ水抜きです。

川魚の美味しい食べ方003

15~30分くらい放置、流水で流して表面の水分をふき取ります。

比較的水っぽい(特にイワナ/アメマスなど)とされる川魚も塩でしっかり〆て水分を抜くことで、ふっくらとした食感になります。

(実際にワタ取って洗っただけのものと食べ比べるとよくわかります)

全面に小麦粉または片栗粉をまんべんなくまぶし、よく叩きます。

川魚の美味しい食べ方004

うっすら半身浸るか浸らないかくらいの油で揚げ焼にします。あまり火力は上げ過ぎないように。

川魚の美味しい食べ方005

焦げないように気を付けつつ両面きつね色になるまで。で、出来上がり。

川魚の美味しい食べ方006

取り上げたものはこうして腹を下にして立てておくと油切れが良いです。寝かせたり逆さ向けるとどうしても腹に油が残ってね…

以上サクッと川魚を美味しく食べる方法でした。

油でじっくり火を通すことで、大きめのものでも骨まで柔らかく食べられるようになります。

お試しあれ。

んじゃまたー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました